拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「みんながんばれ」攻守でバランスの取れたゴルフ戦略

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

諸君はドラゴンクエストをプレーしたことはあるだろうか。

言わずも知れたRPGゲームの名作であり、全世界で愛されている国民的ゲームである。

現在ではその人気から「ドラゴンクエスト11」まで発売されている。

 

そんなゲーム界を牽引するドラクエであるが、面白いゲームシステムがある。

それは「作戦コマンド」だ。

 

基本的にプレーヤーが操作するのは主人公のみであり、他のキャラクターはゲームのAIが作戦に沿った行動を自動的に行ってくれる。

 

プレーヤーによって好みの戦略が異なるだろうが、ゴルフのプレースタイルにも似たようなことが言えることに気付いた。

今回はゴルフの作戦コマンドについて紹介していきたい。

ドラクエにおける「みんながんばれ」

攻守でバランスの取れた戦略である「みんながんばれ」。

攻撃だけでなく、戦況に応じて回復や補助もこなすことができるので、非常に安定した戦い方ができる。

呪文や特技で使用されるMPの消費量も考慮してくれるようで、ありがたい限りである。

 

以下が「みんながんばれ」の典型的な特徴である。

 

・仲間が瀕死やステータス異常となった場合には即座に治癒する

・MP消費を抑えるために攻撃の強度も抑えた技を選択しがちである

・短期戦よりも長期戦に向いている

 

作戦としては「臨機応変」という言葉がぴったりだ。

攻めるときには攻め、守るときには守る。

当たり前のことだが、なかなかできないもの。

それをAIが判断して実行できるのだから、かなり有利な試合運びができる。

ゴルフにおける「みんながんばれ」

 

本来であれば、攻守のバランスを取ることはベストな戦略だ。

ゴルフであろうと、コースマネジメントの考え方でも通じる部分があるだろう。

 

しかし落とし穴が二点ある。

①攻守のバランスを取るレベルか?

初心者がゴルフ雑誌を読み漁って、プロのようなコースマネジメントを実践していることがある。

戦略というだけあって、攻守を使い分けるだけの技術やスキルがなくては意味がない。

例えば「刻み」がセオリーとされるホールにて、ティーショットをドライバーから3番ウッドに変更することはゴルフの腕に頼るしかない。

攻めと守りのスキルをしっかりと磨き、技のレパートリーが増えた段階で「みんながんばれ」の作戦を取ることが許されるのだと心得よ。

 

②「みんながんばれ」の習熟度を上げろ

ゴルフには正解はない。

人それぞれ、体格をはじめ、体力も精神力も異なる。

ある人にとって最善の方法が、諸君にとって最善であるとは限らない。

どんな状況で、どんな方法を選択し、どんな結果になったのか。

自分自身を知り、己の経験値を溜めていくことで、精度は必ず上がってくる。

いつも作戦を意識することで、自分の感性で最適化された作戦へと昇華させていくことができる。

まとめ

ゴルファーにはタイプがある。

攻めなのか、守りなのか。

その中間はほとんどいない。

バランスを取ることで、攻めと守りの双方からの共感が得られるが、人間はどちらかに偏っているはず。

ゴルフ世論に流されることなく、自分の持ち味を消さないように「みんながんばれ」。

 

 (ゴルフ侍)