拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

(100.1%)と(99.9%)の法則|あなたのゴルフスタイルはどっち?

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180809210626j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

ゴルフの上達を願えば、ゴルフに役立つ情報が自然と集まってくる。

 

情報が通り過ぎていく前に、そのチャンスをしっかりと掴もうではないか。

 

ゴルフに役立つ法則とは

世の中には「○○の法則」と呼ばれる現象が数多く存在している。

 

大数の法則: 数学

慣性の法則: 物理学

・質量保存の法則: 化学

パレートの法則: 統計学

引き寄せの法則: 自己啓発

 

まだまだ知らない法則が世界中に眠っているが、諸君はどんな法則を知っているだろうか?

 

今回はゴルフ侍である拙者が、面白い法則を紹介する。

ゴルフはもちろん、日常、ビジネス、どこにでも使える万能型の法則だ。

この法則を覚えて、諸君の人生に役立ててもらえれば幸甚でござる。

(100.1%)と(99.9%)の法則

f:id:golf_samurai11:20180810181730j:plain

①例題

平均200ヤードの男性ゴルファー、AとBがいた。

2人は今の飛距離不足に悩んでおり、どうしても「飛ばし屋」になりたかった。

Aは、毎日、自分の限界を超えてスイングをしていた。(100.1%)

Bは、毎日、自分の限界の寸前でスイングをしていた。(99.9%)

 

さて、1年間(365日)が経った後、2人の飛距離はどうなったでしょう?

 

②答え

A: 100.1%の365乗 → 144% → 200×144%=288(ヤード)

B: 99.9%の365乗 → 69% → 200×69%=138(ヤード)

 

③解説

2人とも飛ばし屋になりたい願望は同じだったが、方法論が違うだけで結果は大きく異なった。

Aは、毎日毎日、自分の限界を乗り越えて、複利的な成長で288ヤードまで飛距離を伸ばした。

Bは、毎日毎日、コンパクトなスイングを心掛けて、ミート率を高めることに執着した。すると、自分の限界は徐々に縮小し、その果てに138ヤードという結果となった。

 

※一般的には「1.01と0.99の法則」と呼ばれるが、意味合いは同じである。

まとめ 

感想はいかがだろう。

諸君、恐らく「B」の傾向が強いのではないか?

これを他人事と捉えていては成長はないぞ。

 

たった0.1%の「積み重ね」と「積み崩し」。

飛距離にして約18センチ。1ヤードにも満たない。

その努力を回避して飛ばし屋になろうとは到底無理な話だ。

 

ミート率を上げて飛距離を伸ばす戦略は、ただ一時の勘違いであり、いずれ頭打ちだ。

しかし、この教えには中毒性があり、なかなか抜け出すことができない者が多い。

飛ばしたいという欲望があるのであれば、己の限界を打ち破っていくしかない。

 

「マン振り」は飛距離を伸ばす最適解であり、最速かつ最短のゴルフ上達法だ。

「マン振り」に興味が出た者は、下の記事で「マン振り」の有難みを拝むと良い。

ここで全てのゴルファーの悩みを切り刻んできた。

 

「マン振り」少数派の現代にあっては、「マン振り」をしていると「マン振り」狩りに合う。

「マン振り」が駄目な理由をとうとうと説かれるに違いない。

 

負けるな。

ここで負けると、下手な道に戻ってしまう。

そんな悪魔のささやきは聞き流して、圧倒的な実力の差を持って返り討ちだ。

いずれ「マン振り」が良い理由を、その輩に説いてやるがいい。

 

 (ゴルフ侍)