拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

プロはプロらしく、アマチュアはアマチュアらしく|上達していくアマチュアゴルファーの共通点

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

「身の回りにプロのようなアマチュアゴルファーが増えてきた」

 

褒め言葉ではない。

渾身の皮肉だ。

 

プロゴルファーの真似をし過ぎて、これ以上の上達が見込めないスイングになってしまったようだ。

この件について詳しく知りたい者は、過去の記事を参考にするがいい。


プロゴルファーを真似しないのであれば、一体誰を参考にしていくべきか。

多くのアマチュアを見てきた経験から、上達していくアマチュアゴルファーの共通点をお伝えしよう。 

上達していくアマチュアゴルファーの共通点

f:id:golf_samurai11:20180917004828j:plain

これから紹介する項目は、全てアマチュアゴルファーがやりがちな動作だ。

これを極めた先には上達の道が待っている。

 

「ん?」

「アマチュアがアマチュアらしくすることが上達に繋がるのか?」

 

そう思った諸君。

「プロはプロらしく、アマチュアはアマチュアらしく」が正解だ。

そのまま疑問を頭の中に抱きつつ、以下の解説を読み進んでいくがいい。

 

①マン振りしている

拙者が見てきた限りでは、野球部出身の人はクラブが良く振れている。

惚れ惚れするぐらいだ。

しかも飛ばすことに関して「当て勘」があり、飛ばしのコツを知っている。

 

ここで野球部は二手に分かれてしまう。

マン振りを貫けば上達の近道となり、マン振りを封印すれば遠回りとなる。

 

マン振りを繰り返していると、一定の力加減(意識の中ではほぼ100%)で振ることができているため、スイングの再現性が高まり、いついかなる時でも同じスイングができるようになる。

一方、力を抑えたようなスイングをしていると、力加減はその時々により変化してしまい、再現性の高いスイングは完成しない。

当たり前の話だ。

 

「マン振り」を繰り返している野球部出身者を見て、拙者はわくわくしながら見守っている。

「そうだ、その調子で早く上級者の仲間入りをするのだ!」

 

②手打ちしている

腕っぷしが強く、誰が見ても「手打ち」をしているゴルファーがいる。

素晴らしい。

なかなかゴルフのセンスがあるではないか。

 

ゴルフクラブという特性上、ヘッドを返さなくては真っ直ぐ飛ばない。

「ヘッドを返す」という動作は、「手打ち」でしか習得できない技術だ。

「手打ち」ができないゴルファーは、一生飛ばないゴルファーになるだろう。

 

逆に「手打ち」ができているゴルファーは見込みありだ。

がんがん「手打ち」を極めて、無意識に手が変えるようなスイングを手に入れよう。

その後に体の回転を徐々に加えていけば、極上のスイングが見えてくる。

 

「手打ち」スイングの反対語は、「手抜き」スイング。

どちらが上達しそうかは文字通り明らかだ。

諸君はどちらを選択するのか教えてくれ。

 

③ダフっている

こんな話を聞いたことがあるか?

男子プロの試合の後には、ゴルフ場はデコボコになる。

それはもう、修復が大変困難なほどに・・・

 

あまりにも力が強過ぎて、ターフを取り過ぎているという意味だ。

このことは1つの示唆を与えてくれる。

 

「ターフを取らなければ、ゴルフは上達しない」

 

ターフを取れるようになると、ミート率が安定し、かつ飛距離が出るようになる。

したがって、上級者のほとんどは必ずターフを取る。

 

「ダフリ」も「ターフを取る」ことも紙一重だ。

 

絶対にダフリたくないという、地球に優しい者はゴルファーに向いていない。

地面を掘ることを怖がらずに、ヘッドを上から下に振り下ろすことができるようになれば、ゴルフは一変する。

ダフってばかりいる諸君、もう少しダフリを極めてみよ。

そのまま突き進んでいけば、夜明けは近いぞ。

まとめ

以上、「上達していくアマチュアゴルファーの共通点」をお伝えした。

 


①マン振りしている

②手打ちしている

③ダフっている


 

プロの視点からすると、上記3点は全てしてはいけないことだ。

だからといって、アマチュアにもそれが当てはまるわけではない。

 

アマチュアはアマチュアらしく、①~③の基本を忠実に実行しよう。

この道を通らずして、上級者の道へなど行けるものか。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 (ゴルフ侍)