拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「坊主のメリット」→「機能性が抜群」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

坊主頭をこよなく愛する、昭和生まれの日本男児である。

坊主こそが日本人として最強・最高の髪型であると断言しよう。

 

坊主にしていると、坊主の特権があることが分かる。

普通の髪型では、決して得ることも知ることもできない。

 

それを特別に公開して参ろう。

 

坊主に興味を持って頂ければ、甚だ幸甚にござる。 

機能性が抜群

f:id:golf_samurai11:20180831014524j:plain

髪を洗わなくていい

「髪を洗わなくていい」というと語弊がある。

正しくは、きちんと頭は洗っているが、洗うべき髪がないだけだ。

 

これは画期的なことで、頭をボディソープで洗うことができるようになる。

坊主が一人暮らしをするならば、風呂場にはボディソープが「1本」だけ。

最強のミニマリストだ。

 

洗い終えてからもすごいぞ。

諸君はバスタオルで頑張って髪を乾かしているだろうが、

坊主は頭を手でなぞれば、あっという間に乾く。

水が弾き飛んでいく快感は、坊主だけに許された特権である。

 

髪にかける時間がゼロ

経営者には坊主の人が多いという。

「スティーブ・ジョブズ」や「孫正義」など。

なぜか分かるか?

 

 

誰だ。

何事も「ハゲ」で片付けるのは良くないぞ。

彼らは「ハゲ」ではなく、「坊主」スタイルである。

 

通常であれば「寝ぐせ直し」や「髪のセッティング」など

髪の作法に時間を取られるのだが、坊主の時間は「ゼロ」なのだ。

 

朝起きた瞬間から臨戦態勢。

仕事場に行こうが、人に会おうが、何の違和感もない。

どんな寝相であろうが、全く関係ない。

いつ、いかなる時にも、髪型はいつも同じなのだから。

 

こうした時間の積み重ねが、一般人との差を生む。

皆が髪に時間を使っている間に、他のことに意識を集中できる。

徹底的に無駄を排除する手段として「坊主」があるのだ。

 

雨センサーとなる

頭皮が敏感だということをご存知か?

諸君は髪があるから、なかなか実感することは少ないだろう。

 

坊主は雨が降り出した瞬間に気付く。

周りは雨が降り出したことすら気付かない。

「雨が降ってきたぞ!」と伝えても、

「雨なんか降ってない」と返ってくる。

 

馬鹿者。

髪のある諸君は、どれだけ鈍感なのか。

坊主であれば、雨のたった1粒が落ちてきただけでも分かる。

頭が「高性能の雨センサー」になるのだ。

 

坊主には濡れる髪がないことも最高であるな。

まとめ

以上、坊主のメリットとして「機能性が抜群」である事例を紹介した。


・髪を洗わなくていい

・髪にかける時間がゼロ

・雨センサーとなる


 

髪がないことで無防備にはなるが、それを補うほどの機能性が手に入る。

特に「時間」は何事にも代えがたい。

手に入れた「時間」で、より豊かな人生を過ごそうではないか。 

「坊主」は本当に快適だ。
世の男性が「坊主」にならないのが不思議である。

(ゴルフ侍)

 

<関連リンク>