拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「坊主の悩み」→「外見で損をする」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

坊主頭をこよなく愛する、昭和生まれの日本男児である。

坊主こそが日本人として最強・最高の髪型であると断言しよう。

 

諸君の周りにも坊主がいると思うが、彼らには人知れず悩みがある。

ネタでもいい。

坊主の生態をどうか知っておいてはくれないだろうか。

 

思いやりの心を持って彼らに接して頂ければ、拙者の本望でござる。

外見で損をする

反社会的勢力と間違われる

f:id:golf_samurai11:20180813211211j:plain

坊主にしているだけで、威圧感が増すことは誰も否定できない。

坊主で筋肉質な体格をしていると、やはり反社会的勢力の一員なのかと疑われる。

こればかりはしょうがない。

 

拙者の身長は168センチで、比較的に小柄であるにもかかわらず、

日頃ゴルフで鍛えた筋肉がついており、肩幅が一般男性よりも極端に広い。

そして、かなり気合の入った坊主頭のため、見知らぬ人には大層怖がられる。

 


<拙者の実例>

①歩くスピードが同じだと、前の人が怖がってチラチラと後ろを見てくる

 → 圧倒的なスピードで抜き去って、ストーカーではないことを証明する

②乗るエレベーターが同じだと、怖がって階段に変更してくる

 → 一人で乗るエレベーターを満喫するが、心の中では泣いているぞ


 

この時ばかりは髪が欲しいと思ってしまう。

ただし、生まれてこの方、不良に絡まれたことがないのは自慢できる。

見た目が抑止力になるとはこのことだ。 

我々は「チンピラ」でも「マフィア」でも「ヤクザ」でもない。
できることなら「アスリート」に間違えてくれ。

ハゲと言われる

坊主には、坊主にしか分からない悲しい経験がある。

坊主にしているだけなのに「ハゲ」と言われることがあるのだ。

坊主あるあるの一つである。

 

世間の多くは勘違いしている。

「坊主=ハゲ」という関係は成り立たない。

 

「坊主」だからといって「ハゲ」とは限らないし、

「ハゲ」だからといって「坊主」とは限らない。

 

しかし反論しても切りがないので、多くの坊主は既に諦めている。

 

もし「坊主」を「ハゲ」としてネタに昇華させることができれば最強だ。

「どんどんいじってくれ」というメンタルお化けも存在する。

そのレベルに到達した人は、辛い修行を乗り越えた仙人だ。

非常にデリケートな問題でもあるので、
諸君は「ハゲ」に触れない方が得策だ。

年寄りに見られる

諸君、年を多く見せる方法を知っているか?

 


①太る

②メガネをかける

③坊主にする


 

以上の3つ、見た目が若く見られる人は参考にすると良い。

某国の総書記もこの戦略を使って、見せかけの貫禄を手に入れている。

 

そう、坊主にすると年齢よりも年を多く見られることは多い。

若い時には髪がふさふさしているが、年寄りは白髪か坊主であるからだ。

 

特に顔立ちが老けている人は残念。

一回りも二回りも年寄りに見られては、メンタルへのダメージが大きい。

 

その逆で、肌質が良く童顔の場合には、若く見られることもある。

拙者はこのパターンであり、帽子を被ると高校球児によく間違われてしまう。

こちら側に振り切れれば悪い気はしないものだが、ビジネスでは悪影響だ。

坊主は見た目に与える影響が強すぎる。
やはり年相応に見られることが一番だ。

まとめ

以上、坊主が与える第一印象についてまとめてみた。

 


①反社会的勢力と間違われる

②ハゲと言われる

③年寄りに見られる


 

「人は見た目が9割」と言われるが、「坊主」はネガティブな印象を与えることが多い。

諸君の周りにいる坊主は、坊主の理由は様々であろうが、こうした印象を烈火の如く浴びながら生活しているのだ。

それを克服してきた坊主は、並大抵の精神力ではない。

次に坊主に会った時には、少し優しくしてあげてくれ。

(ゴルフ侍)