拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

お前のハンドルを任せるな|ゴルフ上達法【自動車編】

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

ゴルフと剣技を極めた拙者が、「ゴルフ上達法」について鋭角に斬り込んで見せよう。

 

はじめに

ゴルファーであれば、たとえ1打でも上達したいと願うのが世の常だ。

  • どこまで上達したいか
  • いつまでに上達したいか
  • どうやって上達したいか

急に聞かれると、即答できないかもしれない。

しかし、ゴルファーは本能で上達に向かう行動をしているはずである。

  

ここで、ゴルフを「最短経路問題」に例えてみよう。

  • 現在地は、現状スコア。
  • 目的地は、目標スコア。
  • 経路は、目標に至るまでの方法。

もちろん目的地まで早く到着することが求められる。

 

ゴルファーとしては、以下の「7種類の移動手段」が存在する。


<7種類の移動手段>

①徒歩

②自転車

③自動車 ★今回はここ

④水泳

⑤船

⑥飛行機

⑦ロケット


 

では、どのような移動方法を選択すれば良いだろうか?

今回は自転車のスピードを遥かに超える「自動車編」を解説してみよう。

自動車

f:id:golf_samurai11:20180823073358j:plain

自動車とは

「自動車」とは、発動機を動力とし、専用の軌道を必要とせずに走ることができる四輪車である。

地上を移動する手段である「徒歩」と「自転車」も合わせて比較してみよう。


<速度比較>

徒歩:時速5km、1kmあたり12分

自転車:時速15km、1kmあたり4分 ※ママチャリ

自動車:時速60km、1kmあたり1分 ※一般道の制限速度


 

「自動車」は本気を出さなくても、他に圧倒的な差を見せつける。

自分の体力を一切使わないという時点で、もはや別次元の移動手段だ。

 

車種

「車」はピンキリで、用途やデザインによって色々な種類がある。

  • 軽自動車
  • コンパクトカー
  • セダン
  • ワゴン
  • SUV
  • ミニバン
  • スポーツカー
  • F1

どの車も個性があるが、諸君はどの車種がお好みだろうか?

評価指標は、馬力・加速・デザイン・燃費・積載効率・環境負荷・ブランドなど。

 

拙者は断然「SUV」。

ゴルフバッグを4つ横積みできることが最低条件であり、かつ車高が高いほうが運転しやすいからだ。

これから先も、この趣向が変わることはないだろう。

 

ヒッチハイク

上達の道を探す際に、自力じゃなくても目的地にたどり着く方法がある。

目的地がしっかりと決まっているならば、その目的地を書いた紙を掲げて、車をヒッチハイクすればいい。

それだけだ。

「徒歩」を愛するゴルファーからは「卑怯」だと思われるかもしれないが、そうではない。

ここまで発想を飛躍できた時点で、上達の道は一瞬で速くなる。

 

さあ、ここで質問だ。

「どのような車をヒッチハイクすれば良いだろうか?」 


<悪い例>

  • とりあえず車に乗せてもらったが、自分の行き先も上手く伝えられなかった。
  • 運転手は良かれと思って、よく分からない場所まで連れてきてくれた。
  • もう現在地も分からず、自分が帰るべき家も分からない。
  • 世にも奇妙な「さまようゴルファー」の誕生である。

 

<良い例>

  • 運転手と目的地が共有できており、最短距離で目的地に向かってくれた。
  • 道中、運転手に道案内をしてもらいながら、道を覚えることができた。
  • 今後は自分一人でもこの道を通ることができそうだ。

 

このように車の選択を間違えるととんでもないことになる。

車に乗ってしまうと断りにくくなり、乗る前の判断が重要だ。

 

車に乗せてもらうということは、自分の行き先を運転手に委ねるということだ。

車がどこへ向かうのか、「車種」と「運転手」についてしっかりと見極めなければならない。

  

ヒッチハイクの見極めポイント

実際にヒッチハイクをするポイントとしては、以下の通りだ。

  1. 運転手が乗っている「車種」を確認する
  2. 運転手が「どんな人」かを確認する
  3. 運転手の「目的地」を確認する
  4. 自分の「目的地」を伝える
  5. 運転手の「車」に乗せてもらう 

 

ゴルフに言い換えるならば、こうなる。

  1. ゴルファーの「プレースタイル」を確認する
  2. ゴルファーの「人格」を確認する
  3. ゴルファーの「目標」を確認する
  4. 自分の「目標」を伝える
  5. ゴルファーに「上達の道」を教えてもらう

 

特に「車種」と「運転手」は最重要。

運転手の目的地が遥か先であれば、自分の目的地を上方修正してもいい。

自分の感性に合う人物がいれば、とことん共に進んでいけばいい。

まとめ

「あの人、いい車に乗っているな~」

まずはゴルファーを見て、そのように感じられるようになればしめたもの。

「徒歩」にしか興味がない人には、その車は見えないからだ。

 

あとは「車種」でも「運転手」でも憧れを持つといい。

いずれ諸君も憧れの「車」に乗れたり、憧れの「運転手」になれたりする。 

望めば叶う。世の中、そんなものだ。

 

(ゴルフ侍)

 

 

<関連リンク>