拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

【練習場編】「ドライバーばかり打っている」のは悪い習慣か?

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20181202010022j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

拙者はゴルフ歴20年以上、一応シングルハンデの持ち主だ。

これまで自己研鑽のために多くのレッスン書籍を読み、自らの体で試行錯誤を繰り返してきたが、その知識と経験で分かることがある。

 

結論としては、世に出ているレッスン内容は全て正しい。

しかし、それと同時にその全ては万人向けではない。

 

・初心者向けの内容かもしれない。

・プロ向けの内容かもしれない。

・自分だけに通用する内容かもしれない。

 

違う意見があって然るべきだ。

これからアマチュアゴルファーが抱いている「ゴルフの常識」に斬り込んでいく。

常識という一面性だけに囚われず、諸君が新しい視野を得ることができれば幸いである。

悪い習慣:ドライバーばかり打っている

f:id:golf_samurai11:20190201132359j:plain

練習場で「ドライバーばかり打っている」ゴルファーがいた。

諸君はどう感じるであろうか?

 

プロの意見はこうだ。

ドライバーはアマチュアが最も練習したがるクラブだが、飛距離ばかりを求めがちだ。それがスイングを壊してしまう原因になる可能性もあるという。

 

そして改善策はこちらだ。

「ドライバーは打っても10球まで」

ドライバーで飛ばすのは楽しいが、ドライバーの飛距離でスコアが決まるわけではない。1日最大14回使うだけのため、プロは練習場では10球程度。 

 

プロの意見だからといって、そのまま納得していないか?

考え方が違うのであれば、自分の意見を尊重した方がいい。

参考までに拙者の意見も述べてみよう。

拙者の意見:アマチュアこそドライバーばかり練習しろ!

ドライバーは10球まで?

なぬ?

 

回りを見てみろ。

そんな言葉が鵜呑みにしたゴルファーだらけで、ドライバーを振っている人間はいなくなってしまったぞ!

 

headlines.yahoo.co.jp

 

変な風評はやめて頂きたい。

アマチュアゴルファーこそ、ドライバーを練習すべきである。

 

ドライバーは傾斜の影響が少なく打てる数少ないクラブだ。

この際、ティーグラウンドも傾斜しているという声は無視させてもらう。

つまりは練習場とゴルフ場、同条件で打てるクラブなのである。

ドライバーを練習しないで何を練習するのか。

 

またドライバーはティーアップできるため、他のクラブよりも断然打ちやすい。

わざわざ地面から打つという難しいクラブを練習するな。

 

ドライバーは一番飛距離が出るから、打っていて楽しい。

わざわざ飛ばないクラブで楽しくもない練習をするな。

 

「ドライバーは10球まで」というプロの意見は、ゴルフの上級者に向けた言葉。

アマチュアであれば、ドライバーを打てるようになるまで打ち続けろ。

実はプロやトップアマもそうした経験をしてきたから上手くなったのだ。

アマチュアならば、まずドライバーに夢中になるべきだ!

 

(ゴルフ侍)