拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

【ゴルフの処方箋】まずは自覚症状と目指している目標を教えてください

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

「ゴルフを教えてください!」

 

ゴルフをしているとこのような声がかかる。

拙者は己のゴルフ道に邁進する身。

脇目を振るほどの余裕はないのだ。

何とか世間話で終わらせたい。

 

なぜなら、その者は「教わる立場」としての心構えと礼儀がなっておらん。

では詳しい解説を聞いてくれ。

まずは病院で医者に何を聞かれる?

f:id:golf_samurai11:20181116160824j:plain

さあ質問だ。

諸君は風邪を患い、病院に行くことにした。

いざ医者の目の前にした時に「治してください」というだけか?

 

違うであろう。

事前アンケートもしくは問診で「自覚症状」を聞かれるのではないか。

風邪であれば、例えば以下のような「自覚症状」を訴えるだろう。

 

・喉が痛い

・頭が痛い

・熱が出ている

・吐き気がする

・咳が出る

 

などなど。

これを元に「症状」の原因を突き止め、「症状」を消し去るのが医者の役目だ。

 

ところが、ゴルフになった途端、自覚症状もなしで「治してください」とは何事か。

何をどう治せばいいのか。

それすらも分かっていないゴルファーをレッスンすることは非常に難しい。

こんなゴルファーばかりだと面倒を見切れないので、何も考えずに0から教えてくれるレッスンプロに習ってくれ。

次にどのようになりたいかを教えてくれ

次に重要なのは、病院のように正常な状態に戻すだけでなく、本人が理想とする状態を伝えることである。

 

①自覚症状:スライスしてしまう

②理想状態:ドローを打ちたい

 

①だけであればスライスをしない方法を教えることになるが、②の情報もあればドローを打てるような体の使い方について指南することができるだろう。

この目標が定まっていない間は、どんなアドバイスもただの付け焼き刃に過ぎない。

まとめ

あまりにも短絡的にレッスンを乞う人が増えて困っている。

たまにいるのはこんな人。

 

①自覚症状:下手である

②理想状態:上手くなりたい

 

まだまだ認識が甘い。

思考が停止しているのだろうか。

より具体的に思い描けてこそ、レッスンする身としても力を入れることができる。

 

「教える立場」よりも、「教わる立場」の方が重要だ。

教えたくなる態度はどんなものか理解できただろう。

出直してきてくれ。

 

 (ゴルフ侍)