拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

マックスショットの打ち方|「右耳」から「首」の振り幅で「マン振り」しろ

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

諸君は自分の飛距離を完全に把握しているか?

 

「己を知れば、百戦あやうからず」 

 

自分なりのスイングで良い。

様々な振り幅を試して、自分だけの飛距離を計測しておけ。

どんな状況であろうとも、最善の一打が見つかることだろう。

はじめに

f:id:golf_samurai11:20181017010845j:plain

上記の表は、クラブ別・スイング別の飛距離表である。

この全ての空欄を埋めたとき、諸君のゴルフが一変する。

 

知識をつけるだけでは駄目だ。

騙されたと思って実践してみろ。

ただただ愚直に・素直に、自分の飛距離調査に励むが良い。

 

<振り幅>

①クォーターショット

②ハーフショット

③スリークォーターショット

④フルショット

⑤マックスショット ★今回はここ

マックスショットの打ち方

マックスとは「最大、最大値」という意味である。

 

「マックスショット」という聞きなれない言葉は、拙者の造語だ。

 

自分の最長飛距離を出すことができるショットのことである。

無論、「フルショット」よりも飛距離を稼ぐことができる。

 

トップの形は「フルショット」と同じであるが、フィニッシュは「フルショット」よりも大きい。

「振り切る」というより、「振りちぎる」という表現に近い。

 

飛距離とスコアは比例する。

次に説明する「マックスショット」で己の限界を超えていくのだ。

 

スイング造りの注意点

スイングを作り上げるにあたり、2種類の視点が必要になる。

 

①主観的視点

②客観的視点

 

まずは自分自身の感覚を磨き、続いて客観的視点で自分のスイングを確認すべし。

自分のイメージと現実が一致しないことはよくある。

主観と客観を繰り返し、その差をどれだけ縮められるかがゴルフ上達の鍵である。

 

主観的イメージ

f:id:golf_samurai11:20181027001055j:plain

<主観的なイメージ>

・手元が右耳から首に収まるようなスイングをする。

 

<解説>

①アドレス: 「グリップ」と「スタンス」と「ボール位置」を決める

●グリップ: 通常のショットと同じ

●スタンス: 通常のショットと同じ

●ボール位置: 通常のショットと同じ

②バックスイング: 下半身は不動で、上半身の回転だけで上げる

③トップ: 手元が「右耳」まで上がった場所をトップとする

④ダウンスイング: 手元を左耳に目掛けて一直線に下ろす

⑤インパクト: ビハインドザボールでボールを捉える

⑥フォロー: 右手をしっかりと返す

⑦フィニッシュ: 手元が「首」まで巻きついた場所をフィニッシュとする

※注意点: スイング幅の中で「全力」で振る

 

客観的イメージ(トップ)

f:id:golf_samurai11:20181027001131j:plain

<客観的なチェックポイント>

・トップでシャフトが水平となる

・トップでグリップエンドが目標後方を向く

 

<補足解説>

・トップでシャフトが水平に収めると、切り返しが安定する。

・グリップを体から離すようにすると、スイングアークが大きくなり飛距離が伸びる。

 

客観的イメージ(フィニッシュ)

f:id:golf_samurai11:20181030234956j:plain

<客観的なチェックポイント>

・フィニッシュでシャフトが地面と水平になる

・フィニッシュで手元が首の後ろまで巻きつく

・フィニッシュでグリップエンドが目標後方を向く

 

<補足解説>

・とにかくスイングを止めずに振りちぎる

・フィニッシュで止まることがベストだが、崩れることも良しとする

 

「チェ・ホソン」というプロゴルファーは、年齢の関係で飛ばなくなったところ、フィニッシュが崩れるほどのマン振りで活躍を見せ始めた。

 

変則的なスイングとして有名となった「チェ・ホソン」だが、ここまで振っていいのだと理解する上では最高の見本である。

彼のスイングを知らない人は、以下の記事を是非とも参考にしてみるといい。

おわりに

以上、「マックスショット」の打ち方をご紹介した。

 

フルショットとの違いは、フィニッシュで決して止めないこと。

自然に止まるところまで振りちぎることだ。

 

こうした練習をして、自分の最長飛距離を調べておこう。

それ以上に飛ぶことはないと分かっていることは武器になる。

 

よく平均飛距離を必死に調べている人がいるが、全くもって的外れだ。

平均飛距離は上振れも下振れもする。

最長飛距離は下振れしかしない。

しかもナイスショット時は、その最長飛距離で球が飛んでいく。

どちらが簡単なコースマネジメントであるか明白だろう。

 

こうした飛距離の考え方はゴルフを始めた頃から持っていたほうがいい。

練習の質が必然と上がってくる。

 

これまで説明してきた数々のショットを練習場で試し、諸君の実戦で役立ててほしい。

 

 (ゴルフ侍)