拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

クォーターショットの打ち方|「右腰」から「左腰」の振り幅で「マン振り」しろ

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

諸君は自分の飛距離を完全に把握しているか?

 

「己を知れば、百戦あやうからず」 

 

自分なりのスイングで良い。

様々な振り幅を試して、自分だけの飛距離を計測しておけ。

どんな状況であろうとも、最善の一打が見つかることだろう。

はじめに

f:id:golf_samurai11:20181017010845j:plain

上記の表は、クラブ別・スイング別の飛距離表である。

この全ての空欄を埋めたとき、諸君のゴルフが一変する。

 

知識をつけるだけでは駄目だ。

騙されたと思って実践してみろ。

ただただ愚直に・素直に、自分の飛距離調査に励むが良い。

 

<振り幅>

①クォーターショット ★今回はここ

②ハーフショット

③スリークォーターショット

④フルショット

⑤マックスショット

クォーターショットの打ち方

クォーターとは「1/4、四分の一」という意味である。

「スリークォーターショット」は有名だが、「クォーターショット」はあまり知られていない。

 

自信を持って「できる」と答えられる人は、ゴルフ巧者だ。

 

「クォーターショット」は飛距離が出ないが、コントロール性に優れている。

アプローチはもちろん、林の中からのトラブルショットにも適している。

しっかりと極めれば、どんな場所からもピンに寄せることができるだろう。

そんな「クォーターショット」の打ち方をご紹介しよう。

 

スイング造りの注意点

スイングを作り上げるにあたり、2種類の視点が必要になる。

 

①主観的視点

②客観的視点

 

まずは自分自身の感覚を磨き、続いて客観的視点で自分のスイングを確認すべし。

自分のイメージと現実が一致しないことはよくある。

主観と客観を繰り返し、その差をどれだけ縮められるかがゴルフ上達の鍵である。

 

主観的イメージ

f:id:golf_samurai11:20181023111906j:plain

<主観的なイメージ>

・手元が右腰から左腰に収まるようなスイングをする。

 

<解説>

①アドレス: 「グリップ」と「スタンス」と「ボール位置」を決める

●グリップ: 通常のショットと同じ

●スタンス: 通常のショットと同じ

●ボール位置: 通常のショットと同じ

②バックスイング: 下半身は不動で、上半身の回転だけで上げる

③トップ: 手元が「右腰」まで上がった場所をトップとする

④ダウンスイング: 手元を左腰に目掛けて一直線に下ろす

⑤インパクト: ビハインドザボールでボールを捉える

⑥フォロー: 右手をしっかりと返す

⑦フィニッシュ: 手元が「左腰」まで上がった場所をフィニッシュとする

※注意点: スイング幅の中で「全力」で振る

 

客観的イメージ

f:id:golf_samurai11:20181023104134j:plain

<客観的なチェックポイント>

・トップでシャフトが水平となる

・トップでシャフトが目標後方を向く

・フィニッシュでシャフトが水平となる

・フィニッシュでシャフトが目標方向を向く

 

<補足解説>

・腰から下は水中だとイメージし、その水面の中で振り切る。

・フォローを出そうとすると水面から出てしまうため、打ったら終わりの感覚が正しい。

・左腰の位置でフィニッシュが自然に収まるようになるまで練習だ。

おわりに

「クォーターショット」は、レッスン項目の筆頭に挙げられるショットである。

一般的には「30ヤードを打て」などと距離を指定されるが無視しろ。

 

20ヤードでも40ヤードでもいい。

「右腰」から「左腰」のスイング幅の中で、全力で振り切れ。

そうして振り切った距離が自分の揺るぎのない基準となる。

 

クラブとしては5番アイアン以下のクラブで試すのだ。

スイング造りにも役立ち、また実戦の場で必要とされる時が必ず来るだろう。

 

 (ゴルフ侍)