拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

下手なゴルファーが下手であり続ける正義

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180810182922j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

周りに下手なゴルファーが蔓延している情勢を踏まえ、ゴルフの指南をしておる。

しかし下手なゴルファーに限って、こだわりが強いのは何故なのだ?

 

実力が伴えば、拙者は何も言わん。

逆にそれを貫き通している信念に、尊敬の念を抱く。

 

しかし相手が下手な場合には、虫唾が走る。

100を切れない者が、何を一丁前なこだわりを持っているのだ。

普段であればその者を尊重して何も言うことはないが、

この場だから全力で言い切ってしまおうと思う。

 

 

これから先、拙者は「諸君」に向けて話す。

 

拙者の「マン振り」の如き、辛辣な言葉が並ぶ。

聞いていて、気分が悪くなるかもしれない。

悪いことは言わん。

 

知る勇気のない者は

・・・耳をふさげ。

・・・目をふさげ。

・・・この場からすぐに立ち去れ。

 

知る覚悟ができた者だけは、この先を読むことを許可する。

 

あなたの目指す場所はどこですか?

f:id:golf_samurai11:20180810093247j:plain

ある日、拙者にゴルフを教えて下さいという者がいた。

「どのレベルを目指してますか?」と問うと、

「100を切りたいです」と返ってきた。

 

返し刀で出た言葉は、こうだった。

「100を切りたいという目標では、100を永遠に切れないでしょう」

 

我ながら失礼な物言い。

高速のストレート過ぎて、その場でワンパンKOだ。

しかし相手はしっかりと受け止めて聞いてくれた。

言葉の真意

ゴルフには目標が必要だ。

それもとっておきの目標。

それが自分のアイデンティティー(存在意義)になるのだから。

 

①100切りを目標とする「情報」が集まってくる

「100を切りたい」となると、その瞬間からアンテナが立つ。

 

・テレビ

・雑誌

・インターネット

・周りのゴルファー

 

以前であれば見過ごしてきたような情報が、自然と目に入ってくる。 

人間の脳とは不思議なもので、数多くの情報を「100切り」のフィルターにかけてくれ、ほぼ一瞬の間に「100切り」のコンテンツが手に入る。そしてドンピシャの内容ほど、強く心に残る。

 

問題は「100切り」の上位概念である「90切り」や「80切り」の情報が排除されてしまうことだ。

 

「ふ~ん、なるほどね」

 

確かに納得する内容であったとしても、3秒経てば忘れてしまう。

その情報が「100切り」でなければ、大して必要ではないと錯覚してしまう。

 

どんな金言であろうとも、「100切り」コンテンツの前では全てが後塵を拝すのである。

「100切り」万歳!

 

②100切りを目標とする「人」が集まってくる

ゴルファーは周りのゴルファーの質に左右される。

「類は友を呼ぶ」の理論である。

下手な者には下手な者が、上手い者には上手い者が集まる。

 

この環境は自分で選べるのだが、長くいると居心地が良くて抜け出せなくなる。

「肥溜め」にはまるか、自分を磨いて「宝石箱」を目指すか、どちらかを選べ。

 

③100切りの考えから脱却できなくなる

どんなに素晴らしいレッスンを受けたところで、「100切り」から逸脱した考えは無意識に排除される。

そのようなゴルファーは「100切り」の権化のような存在であり、誤って90を切ろうものなら、せっせと「100切り」コンテンツを再開して、当初目指していた「100レベル」へと舞い戻ってしまう。この目標を掲げた期間が長ければ長いほど、もう抜け出せない。

 

実に滑稽であろう。

この洗脳は自分が自分にかけたもの。

誰にも救いようがなくなった愚か者だ。

 

もともと「100切り」など眼中から外し、「72」を目標にすることを拙者は推奨する。

ゴルファーには「パープレー」を目指す義務があるのだ。

まとめ

拙者、ゴルフライターとして寄稿もしているが、「100切り」の人に向けて書いた記事は彼らには全く響かない。

よっぽど、今の「100前後のレベル」が心地良いのだと思う。

そういう人は一生、そうした情報にまみれ、そうしたレベルで終わるのだ。

本人達もそれが本望であるから、お互いに無視し合ったほうがいい。

それが平和に済ませるコツだ。

 

しかし本気で上達したいのに、そのレベルでくすぶっている少数派は見逃せない。

その人達に向けて、最後に伝えておきたい。

 

聞こえの良い言葉には要注意。

それは一切、諸君の成長にはならん。

耳触りの悪い言葉、それは「蜘蛛の糸」だ。

今を捨て去り、別次元へと這い上がろう。

 

(ゴルフ侍)