拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ゴルフで「飛距離」を得る方法とは|手抜きスイングからの脱却

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

迷いの海に沈んでいるゴルファーよ。

拙者の声が聞こえるか?

深い海から抜け出すには、相当な覚悟と決意が必要だ。

そのきっかけを諸君に授けよう。

手抜きスイングから脱却せよ

f:id:golf_samurai11:20190121173251j:plain

ある時、ゴルフ上達のため「方向性」に苦心している者がいた。

しかし何年経っても「方向性」を極めることができず、また肝心のスコアには限界が訪れていた。

彼のスコアは「90」。

 

上級者はその者に向かって叫んだ。

「スコアを良くするには、飛距離を伸ばすことが重要だ」

しかし方向性に特化した頭と体では、容易に転換できない。

 

次に「マン振りせよ」と叫んだ。

果たしてマン振りをしたことがない者でもできるのか。

ただのフルスイングではない。

 

自身の心と体を奮い立たせ、いざマン振りを繰り出す。

 

ビュンッ!

バシュッ!

 

見たこともない強い弾道で飛んで行った。

方向性の技術を持っていたからであろうか。

「心・技・体」それぞれが一定の値で調和すると自身最大の弾道が生まれる。

この極意を学んだ彼は、シングルゴルファーへの道へと踏み入れることになった。

 

「方向性」に特化している状態で、「飛距離」を求めてもたかが知れている。

「飛距離」を求めたくば、「方向性」を捨てろ。

 

自分自身にブレーキをかける鎖を取り払うかのように、振れ。

 

とにかく振れ。

 

もっと振れるはず。

 

限界はそこではない。

 

 

やがて思い知るはずだ。

今まで諸君が、どれだけ手抜きのスイングをしてきたか。

 

(ゴルフ侍)