拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

豪華客船から飛び降りろ!|ゴルフ上達法【船編】

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

ゴルフと剣技を極めた拙者が、「ゴルフ上達法」について鋭角に斬り込んで見せよう。

 

はじめに

ゴルファーであれば、たとえ1打でも上達したいと願うのが世の常だ。

  • どこまで上達したいか
  • いつまでに上達したいか
  • どうやって上達したいか

急に聞かれると、即答できないかもしれない。

しかし、ゴルファーは本能で上達に向かう行動をしているはずである。

  

ここで、ゴルフを「最短経路問題」に例えてみよう。

  • 現在地は、現状スコア。
  • 目的地は、目標スコア。
  • 経路は、目標に至るまでの方法。

もちろん目的地まで早く到着することが求められる。

 

ゴルファーとしては、以下の「7種類の移動手段」が存在する。


<7種類の移動手段>

①徒歩

②自転車

③自動車

④水泳

⑤船 ★今回はここ

⑥飛行機

⑦ロケット


 

では、どのような移動方法を選択すれば良いだろうか?

水上を行く手段としては最も速い「船編」を解説してみよう。

f:id:golf_samurai11:20180824114947j:plain

船とは

「船」とは、水上を移動する目的で作られた乗り物の総称である。

基本的には海・湖・川などの水上を移動する乗り物を指しているが、その種類は多岐に渡る。


<船の種類>

・旅客船: 人を運ぶ船

・貨物船: 物を運ぶ船

・漁船: 水産物を獲る船

・軍艦: 戦闘をする船

・潜水艦: 水中に潜る船


 

船を移動手段として捉えた時に、目的地に行くには「地上」と「水上」、どちらが近道か。

「水上」が近道であれば、「泳ぐ」よりも「船」に乗ってしまうことだ。

海の危険に晒されることもなくなる。

誰にでも分かる単純明快な選択であろう。

 

船に乗るという意味

ゴルフにおいて、船は「レッスンプロ」に教わるという意味に近い。

 

本屋に並んでいるレッスン書をイメージして欲しい。

誰もが知っている著名なレッスンプロの本は、所狭しと積み重なっている。

 

「皆で乗れば怖くないよね?」

 

世間で受け入れられたレッスンプロには、それだけ師事する生徒(客数)が多い。

 

確かに「船」は巨大であればあるほど、波や風などの影響は受けない。

考えられるだけの不安要素をカットし、万人受けするシステムに作り上げてきた。

それはそれは快適な旅が保証されるであろう。

 

その分、「コスト」は覚悟せよ。

乗ったら最期、もう脱出することは困難だ。

海に飛び降りるほどの決心が必要になる。

 

「豪華客船」に実際に乗るのか。

「豪華客船」の本を買って、想像の世界で楽しむのか。

 

悩みに悩んで、諸君の好きにするがいい。

 

豪華客船から飛び降りろ

これから「豪華客船」をボコボコに叩き潰す。

 

この先に書かれた内容は、豪華客船に乗るような人間が読む話ではない。

豪華客船を夢見る者は、さっさと立ち去れ。

 

 

準備はいいか?

 

 

拙者は「豪華客船」には絶対に乗りたくない。

それに乗れば目指す場所に行けるのであろうが、全然面白くない。

 

・乗客は、受身型の人間だらけ。

・乗組員は、乗客の扱いに慣れた腑抜け共。

・施設は、全乗客のニーズを満たす快適さ。

 

ここまで読んでいる諸君は、分かっているな?

豪華客船の凄いところは、船の機能を高次元で「システム化」したことだ。

それさえできてしまえば、乗っている人間(乗客・乗組員)は何でもいい。

豪華客船を降りる頃には、それなりのレベルの地に上陸できるだろうが、

寄航できる目的地は限られている。

ニーズの多い場所には行けるが、見果てぬ地への上陸は不可能。

  

豪華客船に群がる者は、まるで「烏合の衆」だ。

まとまっているようで、何もまとまっていない。

何でそこにいるのか分からない者もいる。

そんな目的や野心のない者と関わっていても、何の刺激も得られない。

はっきり言って、時間の無駄だ。

そうと気付いた瞬間、勢いよく豪華客船から飛び降りるのだ。

 

海賊船のすすめ

飛び降りることができた諸君は、「海賊船」に乗り込もう。

「海賊船」で世界の財宝を探す旅に出かけるのだ。

まるで、ワンピースの「ルフィ」のように。


<ルフィの仲間達>

①ルフィ(船長): 目的地を決める

②ゾロ(戦闘員): スイングをする

③ナミ(航海士): コースマネジメントをする

④ウソップ(狙撃手): ショットのアライメントをする

⑤サンジ(コック): ショットのアレンジをする

⑥チョッパー(医者): 体力やメンタルを回復する

⑦フランキー(船大工): スイングを作る

⑧ブルック(音楽家): ゴルフを楽しむ

⑨ロビン(考古学者): スイング理論を知る


 

ルフィの仲間達には、ゴルフでも必要な役割が全て揃っている。

1つの目標に向かって同乗しており、非常に心強い仲間達だ。

 

その旅の行方には数多くの困難が待ち構えているだろう。

小型の海賊船であれば、海の波や風は容赦なく襲ってくる。

船酔いもするだろう。

しかし逃げ場はない。

仲間と力を合わせて、荒波にもまれながらも目的地に突き進もう。

まとめ

ここまで読んでくれて、かたじけない。

少し豪華客船への苦言が強かったかもしれない。

 

これは「己のゴルフ道を突き進もう」という理念からだ。

豪華客船にも価値はある。

拙者も最新のゴルフ理論には目を通しているし、人並み以上に勉強している。

 

しかし、最後には自分の力で進むことだ。

自分だけの目的地が必ずあるはず。

 

(ゴルフ侍)

 

 

<関連リンク>