拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

【特別講義】「ストップウォッチ」先生が教えてくれた「ロングゲーム」の重要性

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

世間は「ショートゲーム」信者で溢れている。

拙者は「ショートゲーム」よりも「ロングゲーム」を愛する者だ。

それゆえ孤独である。

 

そこで「ショートゲーム」を標榜する諸君に、拙者からの会心の一撃を食らわせよう。

そして初めて気が付くだろう。

「ロングゲーム」の重要性に。。。

 

▼予習しておくべきアプローチの記事▼

▶【徹底解明】誰も教えてくれない「アプローチ練習」の本当の意義

▶【アプローチ信者が辿る道】ゴルフ初心者のアプローチ練習は下手固めになるので止めたほうがいいという話

▶【ゴルフの不思議】バントでホームランが打てると信じているゴルファーへ

▶【閲覧注意】アプローチの延長線上にショットがあると考えるな|ゴルファーを去勢する悪の思想

 

ストップウォッチとは

f:id:golf_samurai11:20181114175927j:plain

今回の題材は「ストップウォッチ」だ。

子供時代にこういう使い方をしたことはないだろうか。

 

・連打してどれだけ「短い秒数」で止められるか?

・時計を見ないで「10秒ジャスト」で止められるか?

 

子供にとっては絶好の遊び道具。

だが、この「ストップウォッチ」はゴルフとは全く関係ない。

果たして「ストップウォッチ」でゴルフについて何を語るのだろうか?

「ストップウォッチ」でゴルフの距離感を表現する

早速だが、頭を切り替えて欲しい。

「ストップウォッチ」のタイムを「飛距離」に換算してみるのだ。

簡略化のために、1秒につき10ヤードと仮定すると、以下のようになる。

 


<飛距離の一例>

1秒:10ヤード

5秒:50ヤード

10秒:100ヤード

20秒:200ヤード

30秒:300ヤード


 

さて、準備は完了だ。

この関係式を頭に置いて、「ショートゲーム」と「ロングゲーム」を考えてみよう。 

①「ショートゲーム」を学び、「ロングゲーム」を学ぶ

ショートゲームを学んだ後に、ロングゲームを学ぶ。

通常のゴルフルートだ。

ほとんどのゴルファーはこの道を辿る。

 

まずは10秒以内、すなわち100ヤード以内の「ショートゲーム」を学ぶ。

比較的に短い秒数であり、その距離感をマスターすることは簡単だろう。

 

しかし、その次が難関だ。

20秒や30秒が求められる「ロングゲーム」ではどうなるか?

10秒を完全マスターしていれば、単純に増やすだけでいいか?

 

10秒から先は未知の領域。

慣れていないということもあり、恐れや緊張もあるだろう。

とても10秒の精度のままで、20秒や30秒の「ロングゲーム」を攻略できるとは思わない。

 

ストップウォッチでも難しいのに、ゴルフであれば尚更だ。

「ロングゲーム」では「ショートゲーム」にはなかった知識・筋力・柔軟性などの付加要素が必要となる。

100ヤードの精度が高いからと言って、「ロングゲーム」の精度も高いという保証は全くない。

②「ロングゲーム」を学び、「ショートゲーム」を学ぶ

では、「ロングゲーム」を最初に学んだ場合はどうだろうか。

 

「30秒」を練習により精度を高めた者がいるとする。

その者は、10秒や20秒もぴったりとタイムを刻めると思うか?

 

拙者の答えは、「YES」だ。

「30秒」という長い時間をコントロールできるということは、その間にある10秒や20秒も同じ精度で操れるということだ。

 

諸君も想像してみてくれ。

30秒を±1秒でストップウォッチを押せる達人がいれば、10秒や20秒であれば更に小さい誤差で押せるはずである。

 

実はゴルフも同じだ。

ドライバーの精度が高いゴルファーは、ウェッジの精度も高い。

「ロングゲーム」を制する者は、「ショートゲーム」も制するのである。

事実、多くのプロゴルファーが実証してくれている。

まとめ

「ストップウォッチ」先生は、やはり「ロングゲーム」君に軍配を上げた。

 


・10秒マスターは、20秒や30秒では誤差が出やすい

 ⇒ 短い距離で距離感を養っても、ロングゲームには活きない。

・30秒マスターは、10秒や20秒でも誤差は出にくい

 ⇒ 長い距離で距離感を養えば、ショートゲームにも活きる。


 

長いクラブが得意なのに、短いクラブが苦手な者は、スイングや意識に欠陥がありそうだ。

意識を変えるだけですぐに上手くなれる。

それはまた後日の話とさせてもらおう。

 

 (ゴルフ侍)