拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

あなたに泳ぎ切る覚悟はありますか?|ゴルフ上達法【水泳編】

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

ゴルフと剣技を極めた拙者が、「ゴルフ上達法」について鋭角に斬り込んで見せよう。

 

はじめに

ゴルファーであれば、たとえ1打でも上達したいと願うのが世の常だ。

  • どこまで上達したいか
  • いつまでに上達したいか
  • どうやって上達したいか

急に聞かれると、即答できないかもしれない。

しかし、ゴルファーは本能で上達に向かう行動をしているはずである。

  

ここで、ゴルフを「最短経路問題」に例えてみよう。

  • 現在地は、現状スコア。
  • 目的地は、目標スコア。
  • 経路は、目標に至るまでの方法。

もちろん目的地まで早く到着することが求められる。

 

ゴルファーとしては、以下の「7種類の移動手段」が存在する。


<7種類の移動手段>

①徒歩

②自転車

③自動車

④水泳 ★今回はここ

⑤船

⑥飛行機

⑦ロケット


 

では、どのような移動方法を選択すれば良いだろうか?

今回は地上から離れて、泳いで目的地に向かう「水泳編」を解説してみよう。

水泳

f:id:golf_samurai11:20180823090349j:plain

水泳とは

「水泳」とは、水面または水中で泳ぐことを指す。

昔は、魚や貝類を捕るための手段として泳いでおり、「水泳」は生活の一部として習得すべき技術であった。

 

水の中を進むのであるから、地上の移動手段と比べるとスピードはとても適わない。

しかし「地上」から「水上」に経路が変わるため、条件が揃えば、水上を渡る方が目的地に早く到達できることがある。

この経路に自ら気付けた者、他者から誘われた者、泳ぐことを選んだ理由は人それぞれであろうが、その水域を超えれば目的地はすぐそこだ。

 

5つの泳法

人間は息ができなければ、死んでしまう。

弱い生物だ。

 

闇雲に泳ぎを練習するのは危険である。

これまでの人類の英知として確立された「泳法」を習得することが上達への早道だ。

 


<5つの泳法>

  1. クロール
  2. 平泳ぎ
  3. 背泳ぎ
  4. バタフライ
  5. 犬かき

 <泳法の分類>

・スピードは速いが、体力消耗が激しい泳法: クロール、バタフライ

・スピードは遅いが、体力消耗を抑えた泳法: 平泳ぎ、背泳ぎ、犬かき


 

向こう岸に渡るには、長期戦を覚悟しなければならない。

自分に合った泳法で、ペース配分を考えながら挑戦すべし。

 

泳ぎ切るコツ

海を渡ることを選択した諸君。

その道筋は大変困難で、並大抵の苦労ではない。

 

絶えず変化する環境、危険生物の存在。

時には命を落とすかもしれない。

その覚悟を持って挑め。

 

ゴルフにおいて、海とは「競技ゴルフ」の世界だ。

参加者のプレー条件は一様であるが、進む先によっては運にも左右される。

ライバル同士、ペースを合わせて進むこともできるが、お互いに自滅しあうこともある。

 

では、大海原を泳ぎ切るコツを伝えよう。

・ペースが速すぎる人を追うことは危険だ。無視しろ。

・程よく前を泳いでいる人をターゲットにし、ペースメーカーにしろ。

・逐次、現在地と目的地の確認、目指す方向性の調整も決して怠るな。

 

ゴールに到達できずに、泣く泣く元の場所に引き返すこともあるだろう。

「もう二度とゴルフなどするものか」

それでも諦めず挑戦し続けていれば、いつの日にか対岸まで到達できる。

「徒歩」を選んだ人より、「水泳」で苦労した人の方が遥かに強くなっている。

まとめ

「水泳」もとい「競技ゴルフ」は険しい道だが、上達という意味では非常に有効だ。

 

勝負に生きるアスリート気質が揃っており、ゴルファーもゴルフスタイルも格好いい。

そんな世界に身を置くことができれば、自動的に上達の波に乗れることだろう。

 

地上を行くか、水上を行くか。

地上の手段だけに執着せず、他の経路がないのか、思考を飛躍させて欲しい。

 

「競技ゴルフ」はいいぞ。

これまでの価値感を見事に破壊してくれる。

新しいゴルフスタイルに更新して、再出発だ。

 

(ゴルフ侍)

 

 

<関連リンク>