拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

いつまで歩き続けるの?|ゴルフ上達法【徒歩編】

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

ゴルフと剣技を極めた拙者が、「ゴルフ上達法」について鋭角に斬り込んで見せよう。

はじめに

ゴルファーであれば、たとえ1打でも上達したいと願うのが世の常だ。

  • どこまで上達したいか
  • いつまでに上達したいか
  • どうやって上達したいか

急に聞かれると、即答できないかもしれない。

しかし、ゴルファーは本能で上達に向かう行動をしているはずである。

  

ここで、ゴルフを「最短経路問題」に例えてみよう。

  • 現在地は、現状スコア。
  • 目的地は、目標スコア。
  • 経路は、目標に至るまでの方法。

もちろん目的地まで早く到着することが求められる。

 

ゴルファーとしては、以下の「7種類の移動手段」が存在する。


<7種類の移動手段>

①徒歩 ★今回はここ

②自転車

③自動車

④水泳

⑤船

⑥飛行機

⑦ロケット


 

では、どのような移動方法を選択すれば良いだろうか?

まずは一番のボリュームゾーンである「徒歩編」を解説してみよう。

徒歩

f:id:golf_samurai11:20180822001431j:plain

徒歩とは

「徒歩」とは、自分の足で歩くこと。

人間は二足歩行を始めてから、加速的進化を遂げてきた。

両手が自由になり、様々な道具を発明してきたからだ。

 

一方、多くのゴルファーは歩けるようになったにもかかわらず、「歩き」に固執する傾向がある。

こんなに原始的行動を愚直に続け、他の移動方法を見出そうとは微塵も考えない。

生きる化石のような人間だ。

このようなゴルファーはいずれ自然淘汰されていく。

 

進化を目指す者よ。

ある程度、歩けるようになったのならば、もう歩みは止めよう。

 

人生は有限だ。

歩くだけでは、遠くにいくことはできない。

 

徒歩の弊害

例を挙げよう。

歩きを続ける諸君は、ゲーム界における、いわば「縛りプレー」をしている。

  • 何も装備をしないでラスボスを倒す
  • 特技や呪文を禁止する
  • スライム(最弱モンスター)しか倒してはいけない
  • 仲間なしで戦う

など。

本来の目的を見失い、制約条件の中でプレーすることに価値を見出してしまっている。

高みを極めた者だけに許される高尚な遊びだ。

素人は決して手を出してはいけない。

 

ゴルフで言えば、パター・アプローチだ。

それをゴルフの真髄だと思い込んで、そればかりを練習する。

自らの自由を制限する「縛りプレー」だということに気付いていない。

 

諸君も愚かだと思わないか?

それがゴルフの王道だと信じるのか?

もう自己洗脳から解き放たれよう。

まとめ

「徒歩」は、ゴルフの「基礎・基本」であることは否定しない。

全てのゴルファーは「徒歩」から始まる。

一歩一歩ではあるが、着実に目的地まで向かうことができる。

 

しかし、そこで安住してはいけない。

目的地に最短時間で向かうには「歩き」では遅すぎるのだ。

 

歩みが遅い者には、誘惑も多い。

周りにいるたくさんのゴルファーと雑談し、

いつまでも目的地に辿りつけない自分達を慰め合い、

でもこれが最善の方法なんだと皆で信じている。

 

ある程度でも結構。

歩き方を学んだ者は、走り方を学んで、どんどん前に進むべきだ。

 

「歩き」は所詮「歩き」。

他の移動方法には絶対に適わない。

さっさと別の方法に乗り換えて、目的地まで急ごうではないか。

 

(ゴルフ侍)

 

 

<関連リンク>