拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「OBが怖い」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「OBが怖い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

朝一番のティーショット、ベストスコア更新がかかった勝負どころ、あらゆる場面で恐怖は舞い降りる。恐怖は己の中に生まれる。そして恐怖で自分を見失う。結果、その場限りの一打はミスに終わる。

OBの恐怖は誰もが味わう感情である。2打罰というペナルティは、容赦なく心の奥底に突き刺さる。損得勘定では、「得の喜び」よりも「損の痛み」の方が重いようだ。

OBの恐怖を払拭することは困難だが、OBを怖がり過ぎることは問題だ。OBを過剰に意識しながら打っても、百害あって一利なし。OBに吸い込まれるのが落ちである。

OBの恐怖が頭をよぎった時は、
「マン振り」なり。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

マン振りは自身ができる全力のスイングである。

心技体、どこかに緩みがあっては決して打てない技だ。一抹の恐怖など入り込む余地すらない。

ただし後先の結果を考えず、全力で打つことは誰でもできる。ゴルファーとしての高みを目指すのであれば、OBに打ち込むことは決してあってはならぬこと。マン振りしようとも必ず生き延びるのが熟練者である。そのために日頃からマン振りを極めるのみ。

 

ゴルフ道とは死ぬことと見つけたり

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。


(ゴルフ侍)