拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「アプローチが苦手」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「アプローチが苦手」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

アプローチでは、狙った目標に対してどこまで近付けられるかが勝負となる。主に短い距離での精度が求められ、スコアを作る重要な要素となってくる。

アプローチが苦手な方は、その中途半端な距離ゆえに、スイングまでもが中途半端になる傾向がある。そのような愚かなスイングでは、スイングアークの大きさ、スイングスピードなど、全てにおいて再現性を保てる要素がない。そのような付け焼刃のアプローチでは目標に寄るわけがない。

アプローチの精度を高めたい者は、
「マン振り」すべし。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

勘違いするな。アプローチでも「マン振り」は実践できる。方法はこうだ。

前提条件としてスイング幅を決める。そしてその幅の中でマン振りするのだ。非常に単純であるがゆえに、この基本動作の習熟度で結果に差が出る。

スイング幅を決める段では、自分自身が明確に意識でき、その意識をスイングとして具現化できるスイング幅を探す。一例としては、時計の文字盤をイメージし、腕を針に見立てるという方法がある。イメージしやすい方法で構わない。結果として小さいスイングになれば良い。

後は、そのスイング幅でできる全力の「マン振り」をするだけである。これによりスイングスピードが最大値で一定となり、アプローチの大敵であるインパクトの緩みとは無縁になる。アプローチのマン振りを繰り返していると、そのスイングでの最大飛距離が分かってくるはずだ。それがそのスイングで狙うべきアプローチ距離となる。

 

<クラブ別心得>

 

一朝一夕にはスイングは完成しない。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)