拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「ベスグロを取りたい」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「ベスグロを取りたい」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

「ベスグロ」はベストグロスの略。

ハンデなしで、その日一番スコアが良かった者が獲得できる勲章である。プロゴルファーは言わばこの「ベスグロ」を取るために凌ぎを削っている。アマチュアも「ベスグロ」を獲得できれば、「ハンデ優勝」するよりも大変な名誉である。

ゴルフをするとスコアが出る。遊びだろうが・接待だろうが・チャリティーだろうが、個人の意向とは全く関係なく順位付けがなされる。スコアの程度で腕前が分かり、非常に競技性があるスポーツなので、ゴルファーであれば優勝や上位を目指すのは自然な考えであろう。

憧れで終わるのではなく、毎試合ベスグロを目指したいものだが、どうすればベスグロを取れるのだろうか。

「ベスグロ」の必要条件は飛距離。
マン振りで「ベスグロ」を獲得せよ。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

ここで、最近優勝したプロゴルファーのプレースタイルを思い浮かべて欲しい。どんなゴルフをする人だろうか。

<ベスグロの要素>

飛距離が出る
方向性が良い
ショートゲームが上手い
パターが上手い
勝負強い

 

色々な要素が思い浮かぶだろう。しかし、ベスグロを獲得するために必要な条件が1つだけある。それは「飛距離」であると言えば驚くだろうか。

 

想像して欲しい。

200ヤードしか飛ばなくても、
方向性が良ければ勝てるか
200ヤードしか飛ばなくても、
ショートゲームが上手ければ勝てるか
200ヤードしか飛ばなくても、
パターが入れば勝てるか
200ヤードしか飛ばなくても、
勝負強ければ勝てるか

 

答えは全て「否」。飛ばないゴルファーは永遠に「ベスグロ」を取れない。特に競技ゴルファーに対しては、真に疑うことなき真実だ。

逆に周りと比べて飛ばなくても、必要条件に見合う飛距離に達していれば、他の要素で優位に立つことで「ベスグロ」が取れる可能性がある。周りのベスグロの常連も例外なく飛ぶはずだ。

 

ただし今後、常にベスグロを取りたいのであれば、飛距離でアドバンテージが取れるようなゴルファーになりたい。「マン振り」で距離を稼げるようになれば、「ベスグロ」も手に届く距離となる。

 

 

ベスグロは「マン振り」で手に入れろ。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)