拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「方向性が悪い」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「方向性が悪い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。 

ゴルフにおいて「方向性」は重要である。ゴルフはスコアを争う競技であり、競技の性質としてはターゲットゲームに分類される以上、目標に対する精度を高めるに越したことはない。

しかしながら、コントロールショットに代表される通り、方向性を優先すると飛距離が落ちてしまう。飛距離と方向性はまさに表裏一体であり、二律背反(トレードオフ:一方が成り立てば、もう一方は成り立たない状態)の関係にあると思っている方も多いのではないだろうか。「飛んで曲がらない」はただの理想なのか。

否。「飛距離」と「方向性」は両立できる。
心置きなく「マン振り」すべし。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

「方向性」を良くするだけであれば、諸君もご存知の通り。

「通常よりもゆっくり振れば良い」だけである。飛距離を減らす毎に左右への曲がり幅は小さくなる。至極当たり前の話だ。

ところが、この方法で上手くなったと思うゴルファーが多い。誠に愚かなり。

教える方も教える方だが、教わる方も教わる方だ。「飛距離」を犠牲にして「方向性」を取るなんて馬鹿げている。その考え方を今すぐに捨てなければ、上達の道は遠のくぞ。

 

ここでゴルフの真理を説く。「飛距離」と「方向性」は両立できる。

 

飛距離にはスイングの全要素が詰まっているのに対し、方向性を左右するのは部分的要素(スイング軌道・フェースアングルなど)に限られる。

「方向性」を求めていると、「飛距離」が犠牲になる。
「飛距離」を求めていると、「方向性」の要素を良くせざるを得ない。

 

すなわち「飛距離」を求める「マン振り」こそが、「飛距離」と「方向性」を両立させる最善の方法なのだ。よって、「方向性」に特化した練習をするのではなく、「飛距離」に特化した練習を始めてみてはいかがだろうか。きっと上手くいくはずだ。

 

小事(方向性)に拘わりて、大事(飛距離)を忘れるな。 

マン振りせよ。さらば道は開かれん。


これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)