拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「飛距離が出ない」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「飛距離が出ない」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

ゴルフは「飛距離」がなくては何も始まらぬ。

その「飛距離」を求めることは、ゴルフの上達において当然であり、必然の理なり。「飛距離」を捨てた者、諦めた者には未来がない。

 

「飛距離」に悩んでいる時点で、様々な飛距離アップの方法を試してきたのであろう。しかし残念なことに、諸君の「飛距離」の成長曲線は終わりを迎えている。今のゴルフをいくら続けたところで、その行き着く先に飛距離アップの望みはないと心得よ。

 

そう、抜本的な変革が必要になる。

諸君の歴史は知らぬが、恐らく今までに体験したことがない方法だ。生半可な気持ちで、「飛距離」を求めてはならぬ。楽して得たものは失い易く、苦労して得たものは失い難い。自分だけの揺るがない「飛距離」は苦労して手に入れるものなのだ。

今よりも飛ばしたいか
その方法を知りたいか
やり切る覚悟はあるか
逃げ出さないと誓うか

 

では、その方法を教えて進ぜよう。

一球入魂、
己の全身全霊を込めて「マン振り」すべし。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

諸君、「マン振り」という言葉は知っていよう。

ゴルファーに忌み嫌われる言葉だ。拙者がいう「マン振り」とは、ただの「フルスイング」にあらず。「己」の魂・技術・身体の全てを最大限に使い、かつ高次元に同調させた「究極のフルスイング」を指す。

 

ためらうことはない。「飛距離」を求めた本気のスイングをしてみせよ。血が沸き上がり、体が悲鳴を上げ、腕がちぎれるほどに。

そのスイングにはきっと己の潜在能力が眠っている。その一筋の感覚を感じ取れるか。感覚がなくとも渾身の豪打はその体が記憶するだろう。新しい未知のスイングへと進化させるのだ。己のゴルフに満足していないのだろう。己を捨て去る強い覚悟と、ゴルフの上達に対する熱い情熱があれば必ずできるはずだ。

 

変革は容易にできる。やるか、やらないかだ。 

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

(ゴルフ侍)