拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「ゴルフが下手」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「ゴルフが下手」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

己の未熟さを切に感じていることであろう。その問題意識や良し。

しかしながら、ゴルフには数多の悩みがあれど、「ゴルフが下手」という悩みが筆頭に来るのは、初心者か、はたまたゴルフが全然上達しない方といったところか。

 

「ゴルフ」は100を切ってからが「ゴルフ」だ。100を切れないでいる諸君は、残念ながら「ゴルフもどき」をしている。ゴルフに似た運動をしているだけ。

100を超えれば、150だろうが200だろうが同じこと。一般的なハンデ上限は「36」であり、100を大幅に超えるとハンデ戦としても順位に絡みようがない。

参考までに、ゴルフのスコアレベルが分かるように、フルマラソン(42.195キロ)のタイムと比較してみる。あくまでも拙者の印象であることをご承知あれ。

<ゴルフとマラソンのレベル比較>

(ゴルフ) 70=(マラソン)2時間15分
(ゴルフ) 75=(マラソン)2時間30分
(ゴルフ) 80=(マラソン)3時間00分
(ゴルフ) 90=(マラソン)3時間30分
(ゴルフ)100=(マラソン)4時間00分
(ゴルフ)100以上=(マラソン)4時間以上
※ゴルフ→ただの回転運動
※マラソン→ただのランニング

 

100以上を打つゴルファーは綺麗に上達しようなどと思わぬことだ。下手の手習いで終わる。

まずは1つの技を授けよう。
その技は「マン振り」なり。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

100を切れずに悩んでいる諸君、まずは練習場で「マン振り」を試すのだ。

最初は球が暴れるだろう。しかし、そのスイングにおける最適なボール位置を見つけることができれば上達は速い。間違ってもスイングを球に合わせるのではなく、球をスイングに合わせるのだ。そのアドレスから繰り出される球筋は、諸君の持ち球となり最大の武器となるだろう。

そのマン振りを習得できた暁には、次の実戦では「マン振り」縛りで回るべし。とにかく振り切ることを拙者と約束せよ。ショットが良かろうが悪かろうが徹底的に辛抱だ。やがて新しいゴルフに光明を見出せるはずである。

 

全ては「マン振り」から始まる。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)