拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「ゴルフが嫌い」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「ゴルフが嫌い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

ゴルフは世界で一番楽しい。ゴルフがなくては生きてはいけない。

そんな拙者にもゴルフが「嫌」になる時はある。 

体が壊れるほど練習しても上手くならない
ラウンド中、ショットが思い通りに行かない
「絶対に負けられない戦い」で、負ける

 

しかしそれは一時の感情、森羅万象、あらゆる事象に意味付けするのは人間の性だ。一方、ゴルフの魅力は普遍的であり決して薄れることはない。

ゴルフは一発のショットで変わる。
ゴルフは一回のラウンドで変わる。
ゴルフは一人のゴルファーで変わる。

 

そう、嫌だと思うその感情、それは一瞬だ。感情の一時的なブレのせいで、クラブを置くのはもったいない。

 

現在、諸君はゴルフに対して負のエネルギーで満ちている。新しい気持ちでゴルフをリセットし、もう一度白紙の状態でゴルフに向き合おうではないか。 

ゴルフで「自己成長」に挑戦せよ。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

ゴルフは予期せぬことが起こる。いいことも悪いことも。悪いことが続いていても、いつかはいいことが起こる。 

OBに行ったと思ったら、フェアウェイど真ん中
力んで引っ掛けたが、傾斜を転がりベタピン
アプローチでトップしたが、見事にチップイン

 

ゴルフに魅了された者は口を揃えて言う。「これだからゴルフはやめられない」と。

当然だが、幸運は挑戦したものにしか訪れない。幸運は挑戦したものへの果実だ。「ゴルフが嫌い」という諸君に、そもそも挑戦意識があるのかどうか聞いてみたい。

 

拙者のゴルフをやめられない理由は、「飛ばし」だ。

練習場だろうが、ゴルフ場だろうが、自身のマン振りから繰り出される「スーパーハイドロー」にカタルシスを感じる。最高に気持ちいい。「マン振り」後の体やメンタルの疲労も心地良い。「軽く振って300ヤード飛ばす」のではなく、「全力で300ヤード飛ばす」すなわち「マン振り」がいいのだ。この一所懸命な姿に、周りがゴルファーであろうがなかろうが、老いも若きも必ず感化される。

プロゴルファーではなく、身近なアマチュアゴルファーというのが味噌だ。自分も頑張ればできると思わせる力がある。そうだ、諸君もできる。

練習場では取り憑かれたようにドライバーを振り回す人が必ずいる。方法論は置いておいても、そんな狂った時期が本当に必要だ。それでこそゴルファーだ。

 

 

「飛ばし」至上主義。そんなゴルフ道も素晴らしい。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)