拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「頭が悪い」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「頭が悪い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

「頭が悪い」とは、ゴルフが下手な人ほどよく聞かれる言葉。

長年ゴルフを続けていても一向に上達しない人は、こんな言い訳で自分を納得させていないだろうか。頭が悪いからと思考停止になってしまっては、ゴルフの上達はそれ以上望めない。しっかり前を向くのだ。

ここで「頭が悪い」人の特徴を以下に挙げる。

①学習意欲が低い
②学習能力が低い
③学習方法が悪い

 

①の学習意欲が低い人、目標意識が足りないのではないか。明確な目標を掲げれば、それが動機付けとなり、その目標に合った意識・行動変革が実現できるであろう。

②の学習能力が低い人、知能指数(IQ)で評価されるような記憶力・推理力・判断力など、自身が持つ素質や性質に拠るところが多いが、その道の頂点を争うレベルでなければ、同じ人間同士、大差はないと言っていいだろう。

③の学習方法が悪い人、ここに改善の余地あり。「頭が悪い」人のほとんどが「学習方法が悪い」人である。まだまだあきらめてはならぬ。

馬鹿には馬鹿の一つ覚えだ!
「マン振り」の反復練習をすべし。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

偶然にも、上記の①~③を満たす練習方法がある。「マン振り」の反復練習だ。

①学習意欲

飛ばしはゴルフ最大の魅力だ。飛ばさない練習などするな。「マン振り」が最適だ。

②学習能力

考える力は絶対に必要だ。「マン振り」は、スイングと結果の因果関係がはっきりしているので、PDCAの管理サイクルを回しながら試行錯誤を続けろ。学習能力の向上に必ず役立つ。

③学習方法

言うまでもない。学習の基本は「反復」だ。体に染み付くまで「マン振り」し続けろ。

 

馬鹿の考え、休むに似たり。馬鹿は馬鹿なりの戦略がある。とことんシンプルでいい。

「マン振り」一辺倒で進め。

「マン振り」で一点突破だ。

馬鹿だからこそ、馬鹿正直かつ愚直にこなせるはずだ。

マン振りができない輩なんぞ、あっという間に追い越せるぞ。 

 

ただの馬鹿でありたいか、上手いゴルフ馬鹿になりたいか。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)