拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「格好悪い」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「格好悪い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

人は見た目が9割

人の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言われている。「メラビアンの法則」として、どうやら科学的に実証されているようだ。

 

拙者は男子高校→大学(理系)と進んだため女性に免疫なく過ごしてきたため、外見には無頓着になってしまった。今でも女性が苦手だし、洋服のセンスはないに等しい。もちろんイケメンではないし、容姿に自信はない。

 

諸君も「格好悪い」と悩んでいるのだろうが、あまり悩まなくてもいい。

そんな悩みはただの個性の違いであって、ゴルフに真剣に取り組んでいれば悩みは勝手に解決できる。ゴルフの腕が「格好悪さ」を超越するのだ。

第二印象で挽回せよ。
「マン振り」でギャップ萌えだ。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

第一印象が悪かった者、チャンスでござる。

最初の評価が底辺であったとするなら、次回以降は上がるしかない。第二印象で平均以上のインパクトを与えれば、最初の減点分が更に加点されて大逆転できる。第一印象が良かった場合は減点方式になるので、第二印象が良いほうがビジネスでも恋愛でも有利だ。

 

その第二印象を上げる簡単な方法がある。それは「マン振り」だ。

ゴルファーで「マン振り」をする人は少ない。稀にしている人もいるが、ただの初心者でただの力任せのスイングだ。少なくとも拙者は「マン振り」とは認めない。「格好悪い」と烙印を押す。

とにかく「マン振り」の素振りをするだけで、空気が変わる。普通の社内コンペなどでは「おぉ!」と歓声があがる。これでナイスショットを放てば、諸君の印象は晴れてうなぎのぼりだ。

 

第二印象で第一印象を覆したゴルファーの例を、拙者の経験の範囲内で挙げてみる。

①恰幅が良いメタボなおじさん

第一印象は、太り過ぎていてとてもゴルフができそうにない人。そんな動きが鈍そうな人が、一度クラブを握ると人が変わったかのような豪打を放つ。地区決勝に進むような競技ゴルファーでは、このタイプがゴロゴロいる。ギャップ萌えだ。

②かわいいヘッドカバーをしたチャラ男

第一印象は、チャラさが目立つ痩せ型の人。それにもかかわらず、朝一のティーグラウンドでかわいい動物のヘッドカバーを外すや否や、全員をオーバードライブしていくスーパーショットを放つ。アスリート気取りのおじさん達は唖然。それでいて、チャラいのに礼儀正しい。ギャップ萌えにやられてしまう。

③服装がださい人

日常的に「ゴルフキャップ」を被っていて、服装が体に合っていない人。チノパンとウインドブレーカーを好む。ゴルフというより散歩をするようなダサい格好だが、ゴルフになると人が変わりスーパーショットを見せ付ける。ダサいのに格好良く見えてしまう。悔しいがギャップ萌えだ。

 

自分なりの「ギャップ萌え」は編み出さなくてもいい。ただ「マン振り」していれば、他人が勝手にいいように解釈してくれる。極論を言うと「マン振り」できる人は、誰であろうと格好いい。

 

 

「マン振り」で「ギャップ萌え」を狙え。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)