拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「ミート率が悪い」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「ミート率が悪い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

ミート率を求める諸君、パターで毎回芯で捉えることはできるか。

「できる」と答えた方、これから頑張ればプロになれるぞ。

 

パターは距離と方向性が同時に求められる究極のショットである。同じ条件で打つことは二度とない。毎回打つ距離が異なることはもちろん、心情の機微もパッティングストロークに影響する。

あれだけ小さいストロークでさえ、芯に当てることはプロでも困難だ。増してや、アプローチやフルショットなどの大きいスイングとなれば、ミート率を上げることは至難の業となる。

 

結論から申すと、ミート率を上げるには「再現性を高める」ことがキーワードになる。

どんな状況であろうと、毎回同じスイングを徹底できるゴルファーは強い。

 

ミート率を上げるためのレッスンで、「脱力して打とう」とか、「コンパクトなスイングをしよう」などの施策がある。なるほど、一時的には効果があろう。しかし考えてみれば分かることだが、中途半端な力加減やスイングアークで再現性を求めるには、凄まじい練習量が必要になる。もし、それで再現性が高いスイングが身に付いたとしても、日々の体調や心情の変化により、その再現性を担保できる力を持つのはプロだけだ。

アクセル全開!
「マン振り」が再現性を高める。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

何事も中途半端は駄目だ。アクセル全開で「マン振り」するのだ。

「マン振り」は、力加減MAX、スイングアークMAX、その他メンタルなどの要素も含めてMAXで打つ必殺技である。どこにも遊びや緩みはない。全てが最大値のため、否応にも再現性が高くなる。分かるだろう。

 

ここで、劇的にミート率が上がる「マン振り」の方法を伝授する。

 

マン振りの後、「フィニッシュ」は毎回同じ場所で3秒止まれ。

 

フィニッシュでは、プロのようにクラブを首の後ろまで巻きつけるも良し、クラブを振り切った反動で体正面に戻ってきても良し。フィニッシュ地点で3秒止まることで、頭と体でスイングが記憶され、スイングの再現性は格段に良くなる。

球の行方は気にしなくていい。ミスショットしてもフィニッシュが決まれば全て良し。見ていて清々しい。癖になるぞ。

 

 

ミート率を上げるには「脱力」よりも「全力」だ。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)