拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「男子プロのように打ちたい」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

 

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「男子プロのように打ちたい」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

近年、男子プロツアーの人気低迷が顕著である。至極残念。

一方、女子プロツアーは「美人女子プロゴルファー」なる者が続々と登場し、ゴルフ界を賑わしている。確かに昔と比べると、華やかな印象の女子ゴルファーが増えている。レベルも上がってきており、女子アマ観戦をするのも決して悪くはないが、一人の男性ゴルファーとしては違う気がする。

 

男女ともにプロゴルファーのショットを至近距離で見る機会があったが、正直、比べようにもならない。女子プロには申し訳ないが、全てが雲泥の差。

音が違う
迫力が違う
スピードが違う
弾道が違う
格好良さが違う

 

それから、拙者は「男子プロ」一筋になった。

「女子プロのスイングを参考にしよう」などというメディア記事は、「暇つぶし」には絶好の内容だ。本当に参考にするだけで終わってしまう。

男子であれば、「男子プロ」の考え方や練習方法を取り入れていくべき。優先順位としては、「男子プロ>男子トップアマ>(超えられない壁)>女子プロ」である。

「男子プロ」を踏み台にし
己の「ゴルフ道」を突き進もう。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

「男子プロ」は同じ人間とは思えないほどの球を打つ。

しかし、所詮は人間。

努力をすれば、そこまでの実力になれるという「一里塚」だ。体型・体格ともに一般人と変わり映えがしないプロも多く、増してや同じ男子だ。彼にできて、自分にできないということは決してない。

 

その「できる」という思い込みが重要。

本来、プロは血が滲むような練習をした結果、プロになるべくしてなっている。尊敬するし、敬意を表す。では諸君も、血の滲むような努力をする覚悟はあるか。あるのであれば「マン振り」の一択しかない。

プロゴルファーは、飛ばなければプロにはなれない。小さい体のプロもいるが、彼らも例外なく飛ぶ。常人では想像もできない「マン振り」を必ず経験している。もしプロゴルファーの体に入って、彼らのゴルフスイングを体感できるのであれば、「こんなに思いっきり振っていたのか!!」と驚愕するであろう。逆に言うと、それほどまでに諸君は弱々しいスイングを続けているのだ。

 

一度で結構。

これ以上は無理という「マン振り」をビシッとしてみよ。

 

 

「あがってなんぼ」よりも「飛んでなんぼ」。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)