拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「パターが苦手」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「パターが苦手」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

パターの重要性を説くゴルファーが多いこと、多いこと。正直うんざりしている。

そんなこと百も承知であるが、そういうゴルファーに限ってスコア100前後の腕前、既にゴルフを悟ったような気になっている。いと悲しきかな。

 

パター信者の論理としては、「パターはスコアの40%であるため、スコアを縮めたいのであればパターを重点的に練習すべし」というものである。

これが世論であり常識となっているのだが、拙者の意見は違う。

 

「パター以外はスコアの60%を占めるため、パター以外のクラブを練習すれば良い。特に練習時間を取れない忙しいビジネスマンにお勧めだ」と。

 

これでは世間に歯向かう「天の邪鬼」と思われるかもしれないので、この考えを後押しする客観的事実をお伝えしよう。

18ホールを全て2パットで上がった場合、計36パットである。これがパット数の基準となる。一方で、プロは約30パット。その差はたったの6ストロークである。これを大きいと見るか小さいと見るか。プロでしのぎを削るのであれば6打差は大きいが、アマチュアにとってみれば些細な差である。

結論を申すと、「パターは費用対効果が非常に悪い」ということだ。

1年365日、いくら血の滲むような練習を積み重ねたところで、スコア改善の余地は6打ほどだ。また、ボールには凹凸があるし、グリーン上には芝目もある。そんな不確定要素が多い中で、全てに対応するのは不可能だ。パターこそ適当に打てばいい。

 

では、パット数が40を超えるゴルファーはどうすべきだろうか。「パターが苦手」だと泣き寝入りしなくて良い。簡単に36パットで上がるような術を伝授しよう。

パターは全ホール2パットで上がれば良い。
その技術が「マン振り」だ。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

パターは簡単だ。以下の手順を実行すれば、必ず2パットで上がれる。

 

①ファーストパット: カップから1メートル以内に寄せる

②セカンドパット: 1メートル以内を100%の確率で入れる

 

まずは1メートル以内に寄せて、それを入れるだけ、非常に簡単なアルゴリズムだ。

コツとしては、以下の要素を重視すれば良い。

 

①ファーストパット: 距離感重視(ジャストタッチで寄せる)

②セカンドパット: 方向性重視(直線で狙う)

 

次に必要とされる技術は「マン振り」だ。

 

①ファーストパット: 振り幅に応じた「マン振り」の最大距離を全て記憶する

②セカンドパット: 最小の振り幅での「マン振り」を習得する

 

①の振り幅に応じた「マン振り」の習得には時間を要する。しかし、体の中に自分だけが見える「振り幅の物差し」を作ることができれば、一生物だ。これ以後、36パット以上打つことはなくなる。

パターでも「マン振り」をすることにより、ストロークの緩みがなくなることで「方向性」が安定し、最大距離に収束するように「距離感」が安定してくる。

 

<クラブ別心得>

 

パターでは「確実に2パットで上がれる技術」を習得すべし。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)