拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「接待ゴルフが苦手」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「接待ゴルフが苦手」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

ゴルフは社会人の必須科目。

一昔前は社会人になると同時に、上司や同僚からゴルフに誘われるという機会も多かったが、現在ではゴルフ離れが深刻化しており悲しい限りだ。

諸君、社会人であればゴルフをせよ。ゴルフとビジネスには共通点が多く、ゴルフの腕が上がると共に仕事ぶりも比例して向上する。これは紛れもない事実だ。諸君も社会人ゴルファーとして、ゴルフとビジネスを両立していくことが理想である。 

 

さて、本題の「接待ゴルフが苦手」であるが、確かに上司や取引先とのラウンドは緊張もするし、先方に迷惑も掛けない程度でスコアを調整する必要がある。こんな事を思っていないだろうか。自分のゴルフもできずに、ひたすら先方のご機嫌伺いでさぞ大変なことだろう。

「接待ゴルフ」では、
飛距離もスコアもオーバードライブだ。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

ゴルフをする時に言われる決まり文句。「どうぞお手柔らかに」 

接待ゴルフだろうが何だろうが、絶対お手柔らかにするな。「お手柔らかに」とはどんな意図で使っているのか。相手に下手にプレーして欲しいのか。そこまでして勝ちたいのか。

そんな輩に手を抜く必要はない。全力でプレーしろ。いつもの「マン振り」で、気持ちよく飛距離もスコアもぶち抜いてやれ。ゴルフはスポーツ。本気でやるからゴルフは面白いのだ。

 

本気のプレーで嫌な顔をするようなら、心が歪んでいる。他人のナイスプレーにも敬意を表さない小さい人間だ。立ち位置としては先方が上だろうが、こちらも先方を評価する権利はある。気に食わなければ二度とそいつとゴルフしなくていいし、仕事もしなくていい。

ゴルフはミスショットだらけのゲームで、人格や人間性を隠しきれない。ゴルフで合わないと感じたら、ビジネスでも合わないだろう。間違いない。

 

ただし、マナー・エチケットは死んでも守るべし。

 

「接待ゴルフ」では個性を晒せ。個性を見抜け。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)