拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「スイングが安定しない」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「スイングが安定しない」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

己のスイングを見たことがあるか。

見たことがあれば、ゴルフの向上心あり。上達の見込みがありそうだ。

諸君はゴルフに対して勉強熱心。プロのスイングを日々勉強し、プロが教える練習を繰り返し、プロのようなスイングを目指しているはずだ。ある意味、理想を追求する完璧主義者とも思えるが、そういった心意気を持って入れば、必ずや上手くなれる。

 

しかし、「スイングが安定しない」と悩んでいるとなると、そのスイングはそもそも体に合っていないかもしれぬ。そこから先は長い道程になる。先へ進むか、元の道を辿るか。どの道を通っても結果はほとんど変わらない状態だ。

はっきり言うと、その周辺には更なる高みは存在しない。今いる地点が頂点である可能性が高い。しかし、どんな辛い状況でも打開策がある。

スイングに悩んだら、荒療治。
微調整していないで「マン振り」すべし。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

現実に早く気付こう。

理想の高い諸君にとって、今のスイングはもう既に時代遅れだ。捨て去ってもいい。その先に諸君が望む答えはない。

ではどうするか。一度頭の中をリセットし、無我の境地で「マン振り」するのだ。

無意識のスイングでは、体の特徴や個性が最大限に活きる。今まで眠らせていた感情や力を解放した瞬間、体が喜ぶことを感じることだろう。

 

もう一点、セルフイメージの変換も良い手法だ。

例えば、以下に挙げるような選手になったつもりでマン振りして欲しい。

【ゴルフ】ロリー・マキロイ、ジェイソン・デイ、松山秀樹、石川遼
【野球】バリー・ボンズ、イチロー、柳田悠岐、筒香嘉智、山田哲人

 

「選手のように」マン振りするではない。「選手になりきる」ことが重要だ。

お気に入りのプロゴルファーがいれば最適だが、野球もゴルフスイングとの親和性が高いのでお勧めしておきたい。練習場で特大のホームランを打ってみよ。

 

 

今の踊り場から脱却したくば「マン振り」だ。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)