拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「スイングが緊張する」→「マン振り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「緊張する」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

ゴルフで緊張しない人などいるのだろうか。

競技で朝一番のティーショットを打つ際、いまだに緊張で手の震えが収まらず、ティーにボールを上手く置けないことがある。予選の当落線上であったり、優勝を狙えるポジションにいたり、ベストスコアの更新チャンスだったり、色々な場面で緊張が邪魔をして涙を飲んだ経験はおありだろう。

しかしながら、この手に汗を握る緊張感が癖になる。ここまで緊張をするということは、やはりゴルフには魔物が潜んでいる。何とか緊張を克服し、かつそれを良い方向に進めたいところだ。

今回は全てのゴルファーが経験し、かつ「大叩きしてしまう1番ホール」について、その対策を共に講じてみよう。

朝一の「マン振り」から逆算して、
確固としたルーティーンを確立すべし。

f:id:golf_samurai11:20180618132524j:plain

まずは諸君に苦言を呈したい。

誰もが苦手な「朝一のティーショット」だが、肝心の準備ができておらず、ぶっつけ本番の人が多い。ラウンドの前に朝一のホールが分かるにも関わらず、その準備をしていないのは疑問だ。ティーグラウンドに立ってから戦略を練っているようでは遅い。

逆にこのティーショットを成功させた時は、その日はリズム良く回れるはずだ。重要な一打である。

「備えあれば憂いなし」、ラウンドの数日前から準備をしているだけで、結果は大きく異なってくる。緊張をしていても、普段と変わらぬ心持ちで挑み、自分の力を発揮することが重要だ。緊張を克服する手段として、ラウンド直前のルーティーンを紹介したい。 

<ゴルフ侍流ルーティーン>

①3日前: 爪を切る

②2日前: 練習場に行く

③1日前: 水周りを掃除する

④1日前: 家で素振りをする

⑤1日前: 酒を飲まずに早めに就寝する

⑥当日:  出発の30分前に起きる

⑦当日:  道中のコンビニで朝食を購入する

⑧当日:  スタートの1時間半前に到着する

⑨当日:  トイレに行く

⑩当日:  ゴルフ場の練習場に行く

⑪当日:  練習グリーンでパター練習をする

⑫当日:  2組前からティーショットを見る

⑬当日:  ティーショットは必ず「マン振り」する

 

準備は3日前から始まる。当日までの準備は、自分のあらゆる環境を整えることだ。「水周りの掃除」は、トイレ・風呂・洗面所、キッチンを対象にしている。カープの前田健太投手のルーティーンを参考にしたものであるが、心を綺麗にするという点でやらない手はない。心がスッキリと洗われる気がしてお勧めである。

当日のティーショットを予め「マン振り」と決めておいて、それに向かって練習や準備をしていけば、自然と成功確率も上がってくる。そもそも準備なしで、良い結果を期待するのが無理というものだ。

 

 

朝一番のティーショットで「マン振り」ができるように準備すべし。

マン振りせよ。さらば道は開かれん。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)