拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|あなたは自由自在に球を操れますか?

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

 

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

 

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

 

なぜか?

 

 

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

 

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

 

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

 

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】どんな球が出るか分からない

ゴルフの球種は多い。

フック・スライスをはじめ、高弾道・低弾道、ハイスピン・ロースピンといった要素を組み合わせれば、七色の球が打ててしまう。

もしそれらを狙って打てればプロ級の腕前である。

 

一方、普通のアマチュアゴルファーはどんな球が出るか戦々恐々だ。

無理もない。

スイングのあらゆる要素が複雑に絡み合って、その結果として球が曲がる。

 

<曲がりの代表的な要素>

・ヘッド軌道:インサイドアウト、ストレート、アウトサイドイン

・ヘッド入射角度:ダウンブロー、レベルブロー、アッパーブロー

・フェース角度:オープン、スクエア、クローズ

 

しかし「インサイドアウト軌道」で振ればドローになるか?

それほど簡単にスライスが克服できるのなら、皆が100切りを達成しているはずだ。

ゴルフはそんなに甘くない。

2:【簡略化】球を打つ場所で球を打ち分けられる

現実のゴルフでは、球を操ることは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

 

「みんゴル」ではどうしたのか?

 

 

球のインパクトポイントを設定することで、球は簡単に打ち分けられる。

具体的に説明していこう。

 

<みんゴルの打ち分け方法>

①何もしない:中弾道ストレート

②ボールの下:高弾道

③ボールの上:低弾道

④ボールの右:フック

⑤ボールの左:スライス

 

更には斜めのコマンドもあるので、弾道の高さと左右の曲がりをコントロールすることも可能だ。

たったこれだけ。

高弾道を打ちたければ、方向キーの下を押しっ放しで、スイングをすれば良い。

するとボールの下部分に当たって、上方向への力が強くなって高弾道になる。

 

リアルゴルフでは球を打ち分けることが難しい人でも、ゲームでは簡単に球を自由自在に曲げることができるのだ。 

3:【逆輸入】アドレスで球を打ち分けろ

球を打ち分けることで「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

 

さあ、現実でも球を打ち分けるのだ。

どうやって?

 

 

「みんゴル」では、ヘッド軌道・ヘッド入射角度・フェース角度とか、難しい話は一切無視して、打ちたい球のコマンドを入力すればOKだった。

これを参考にするのだ。

 

結論を言おう。

みんゴルのコマンドに相当するのが「アドレス」だ。

「アドレス」を変えるだけで球は打ち分けることが可能である。

 

例えば「ドロー」を打ちたい時は、ボール位置を右寄りに置けば良い。

ボールを右寄りに置くことで、自然とヘッドがインサイドに上げやすくなり、インサイドアウト軌道でヒットできる。

 

逆に「フェード」を打ちたい時は、ボール位置を左寄りに置けば良い。

ボールを左寄りに置くことで、自然とヘッドがアウトサイドに上げやすくなり、アウトサイドイン軌道でヒットできる。

 

まずは「ボール位置」を移動させることが、球の打ち分けへの第一歩。

シンプルに考えることで球を操れるように練習をしておこう。

 

球を操ることは上級者だけの特権ではない。
球を操るという意識さえあれば上達は早いぞ!

4:【結論】球を自由自在に打ち分けることができれば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「球の打ち分け」についての考え方を解説した。

 


<球の打ち分けについて>

【問題点】どんな球が出るか分からない

【簡略化】球を打つ場所で球を打ち分けられる

【逆輸入】アドレスで球を打ち分けろ


 

「みんゴル」のように球を打ち分けられれば理想だ。

それを体現するには「アドレス」を極めることである。

 

実は今回紹介した「ボール位置」の調整だけではなく、他にも球の曲がりに影響を及ぼす要素が数多くある。

それらは自分で試してみて欲しい。

「答え」を教えてもらうよりも、自分で「答え」を発見する喜びを感じるのだ。

ゴルフの楽しみは無限大である。

 

▼前回の記事はこちら▼

www.golf-samurai.com

 

(ゴルフ侍)