拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|キャディーのおかげでスコアアップ?!

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

 

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

 

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

 

なぜか?

 

 

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

 

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

 

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

 

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】完璧なキャディーがいない

キャディーとは、クラブを持ち運んだりコースのアドバイスをしてくれたりする心強い存在だ。

自分のプレーに集中するためにも、願わくばキャディー付きでプレーしたいところではある。

 

ところが、キャディーがプレーヤーの足を引っ張ることもある。

諸君も同じような経験があるのではないだろうか?

 


<残念なキャディーの例> 

・球の行方が見えていない

・球探しが遅い

・動きが遅い

・ラインが読めない

・ボール拭きが適当である

・ホールレイアウトが分からない

・グリーンのラインが分からない

・クラブ間違いをする

・残り距離を間違える


 

どうだ?

光景が目に浮かぶだろう。

以上のことはキャディーの必須科目であるわけだが、大きく2つに分類することができる。

 


①プレーの進行に関すること

例)球の行方、球探し、動き

②スコアに関すること

例)ホールレイアウト、ライン、残り距離


 

①はキャディーとして最低限に習得すべき項目であり、②はキャディーの質を左右する項目だ。

ホールを読み、グリーンを読み、芝を読み、風を読み、ベストなコース戦略をしてくれるキャディーがいればなんと頼もしいことか。

キャディーの質でスコアが左右されるのは疑いようのない事実である。

2:【簡略化】キャディーが全てを情報収集する

現実のゴルフでは、いつでも同じスイングをすることは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

 

「みんゴル」ではどうしたのか?

 

 

 

「ゴルフの情報は、何でもござれ」

と言わんばかりのフルスペックのキャディー。

 

単に「ホール・グリーン・芝・風」を読むだけではない。

 

プレーヤーのクラブ別の飛距離に加えて、ライ別のミート率までも・・・

まさに至れり尽くせりのホスピタリティ。

プレーヤーはキャディーの情報のままに意思決定して実行あるのみ。

 

キャディーは最高。

ではプレーヤーはどうだ?

 

 

スコアの差は、完全にプレーヤーの力量に委ねられる。

「みんゴル」に至っては、情報処理能力の差といっても良いかもしれない。

キャディーが持ってくるあらゆる情報を駆使して、スコアアップに励むべし。

3:【逆輸入】自分自身が最高のキャディーになれ

最高のキャディーがいることで「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

 

「現実でも最高のキャディーを雇いたい」

 

うむ。

これが一番の解決方法であるが、実はそのキャディーは最も身近にいる。

分かるか?

 

 

そう、自分自身だ。

自分自身が最高のキャディーになればいいのだ。

 

プロではないのだから、専属キャディーを雇うことは非現実的だ。

そんな選択肢は早々に却下し、もっと現実を見てみよう。

 

自分が自分のキャディーになった時を想像してくれ。

果たして、諸君は以下に挙げる情報を把握できているのだろうか?

 


<プレーヤー固有の情報>

・クラブ別の飛距離

・持ち球

・得意クラブ

・苦手クラブ

・得意なライ

・苦手なライ

 

<ゴルフ場の情報>

・ホールレイアウト

・残り距離

・グリーン

・風向き/風量


 

特にプレーヤー固有の情報が重要だ。

については、自分しか知りえない情報であるが、よく分からないというゴルファーが多く見受けられる。

 

情報と言っても、その精度はピンキリである。

自分自身が最高のキャディーとなれるように、情報収集能力を上げてゴルフのスコアアップを目指そう。

 

情報収集能力と情報処理能力。
この両輪を上手く回していくべし。

4:【結論】スイングの基礎ができれば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「キャディー」についての考え方を解説した。

 


<キャディーについて>

【問題点】完璧なキャディーがいない

【簡略化】キャディーが全てを情報収集する

【逆輸入】自分自身が最高のキャディーになれ


 

完璧なキャディーなど存在しない。

もう幻想はやめよう。

 

であるならば、自分自身が最高のキャディーになることが最適解だ。

そもそも他力本願であることがならぬ。

自力本願で道を切り開け!

 

▼前回の記事はこちら▼

www.golf-samurai.com

 

(ゴルフ侍)