拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|目標に対して正しく構えられますか?

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

 

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

 

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

 

なぜか?

 

 

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

 

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

 

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

 

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】打ちたい方向にアドレスできない

自分では目標に対して真っ直ぐに向いているつもり。

しかし実際は右に向いている。

その結果、球は右に飛び出して、そこからスライスしていく。

見事なプッシュスライスで、球はOBに向かってまっしぐらだ。

 

アマチュアであれば、こんなミスは日常茶飯事である。

目標に対して真っ直ぐアドレスすることがどれだけ難しいことか。。。

おい!そこの諸君!
目標に向く度にどんどん右を向き始めているぞ!

2:【簡略化】目標に対して正しく構えられる

現実のゴルフでは、目標とアドレスの方向を合わせることは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

 

「みんゴル」ではどうしたのか?

 

 

「みんゴル」では、目標とアドレスの方向が完全に一致するようにしたのだ。

これによりゴルフの難易度がかなり下げられることになる。

 

想像してみて欲しい。

自分が打ちたい方向に対して、一寸の狂いもなくアドレスできることを。

プロでさえ難しい芸当を「みんゴル」では誰でも正確にアドレスできるのだ。

 

「みんゴル」初心者でも簡単にパープレーで回ることができる要素がここにある。

「目標とアドレスの方向が一致」
ゴルファーの永遠の課題はゲームで無視できる!

3:【逆輸入】目標とアドレスの方向を合わせる方法を手に入れろ

目標とアドレスの方向を合わせることで「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

 

「みんゴル」と同じように、目標とアドレスの方向を合わせる方法を手に入れるのだ。

その方法を紹介していこう。

 

3.1:マットの方向に向かって打つ練習をする

早速だが、練習場へ向かえ。

まずはマットが向いている方向を打席の後方から確認する。

そしてマットの線に対して平行にアドレスして、ひたすら打ち込む。

簡単だろう?

逆にこれさえできないようでは、この先は無理だ。

 

3.2:プレショットルーティーンを練習する

ある程度、マットの方向に対して正しく構えられるようになったとする。

次は実践的な練習になる。

プロが取り入れている「プレショットルーティーン」を練習するのだ。

 


<プレショットルーティーン>

(1)目標とボールを結んだ線の後方に立つ

(2)目標とボールの線上にある目印(スパット)を見つける

(3)スパットとボールの線に対して平行にアドレスする


 

マットの方向を無視して、色々な目標物に対して打ってみて欲しい。

簡単なようだが、非常に難しい。

マットの線が目を惑わすからな。

しかしこれができなければ、練習量が足りていないと断言できる。

練習でできないのに、ラウンドでできると思うか?

 

3.3:プレショットルーティーンを実行する

最後はゴルフ場での実践だ。

練習場で練習してきた「プレショットルーティーン」を実行せよ。

正しく「プレショットルーティーン」を実行できたならば、もう心配はいらない。

アドレスでどこを向いていようがいい。

ただただ、自分のプレショットルーティーンを信じろ。

 

もし目標とアドレスの方向が合っていなければ、「プレショットルーティーン」の精度が低い。

諸君は決して悪くない。

諸君の「プレショットルーティーン」が悪いだけだ。

ミスの傾向を掴んで、練習場で練習するしか道はない。

「プレショットルーティーン」
地道な練習だが、練習すればできるようになる。

4:【結論】目標に対して正しく構えられるようになれば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「方向性」についての考え方を解説した。

 


<方向性について>

【問題点】打ちたい方向にアドレスできない

【簡略化】目標に対して正しく構えられる

【逆輸入】目標とアドレスの方向を合わせる方法を手に入れろ


 

前回は「自分の飛距離を知る」ことが一番重要であると言ったが、次に重要なのは方向性だ。

何ヤードを飛ばせるかが分かってから、次にどこに目標を置くべきかが決まる。

その目標に対して真っ直ぐ打てるようになれば、もうゴルフは簡単だ。

 

「飛距離」と「方向性」。

この両輪を理解して、その精度を高めることが「ゴルフ」である。

ゴルフとは正にこの2つの要素に凝縮されていると言えよう。

 

▼前回の記事はこちら▼ 

www.golf-samurai.com

 

(ゴルフ侍)