拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|あなたのインパクトゾーンは広いですか?

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

 

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

 

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

 

なぜか?

 

 

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

 

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

 

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

 

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】インパクトが難しい

飛距離は、ヘッドスピードに比例する。

 


<数式>

・ヘッドスピード×5.5=飛距離

 

<計算例>

・ヘッドスピード35m/s:35×5.5=192.5ヤード

・ヘッドスピード40m/s:40×5.5=220ヤード

・ヘッドスピード45m/s:45×5.5=247.5ヤード

・ヘッドスピード50m/s:50×5.5=275ヤード


 

この数式は飛距離の目安として大変参考になる。

もしヘッドスピードが45m/sで、飛距離が200ヤード前後しか飛ばない場合には、ミート率が悪いと判断できる。

 

 

一般的なミート率は「ボール初速÷ヘッドスピード」という数式で計算され、ヘッドスピードがどれだけボールに力を与えているかの効率性を示している。

プロでは(1.5)、アマでは(1.3~1.4)が目安とされている。

 

 

諸君、この意味が分かるか?

ミート率が(1.4)とか言われても、全くピンとこない。

同じように思っている人が少なからずいるはずだ。

ミート率は、「率」なのだからパーセンテージ(%)で表現すべき。

すなわち、「みんゴル」のようにミート率は「0~100%」にすると感覚的にも理解しやすいだろう。

 

www.golf-samurai.com

 

上の記事では、ボールの「ライ(状況)」によってミート率が変わることをお伝えした。

 

・フェアウェイ:99~100%

・ラフ:75~95%

・バンカー:75~100%

 

といった具合に。

 

ミート率に影響を与えるライの状況は、打つ前の段階において判断できる。

場合分けで自分のミート率の傾向を覚えておけば役に立つであろう。

 

しかしミート率に大きく影響する要素がもう1点だけ存在する。

それは「インパクト」である。

 

ゴルファーであれば分かると思うが、クラブの「芯」に当てることは非常に難しい。

絶不調の時に「フェースに当たらないのでは?」と思うほど泣きたくなった経験があるのは拙者だけではないはずだ。

2:【簡略化】インパクトゲージでタイミングよく押すだけ

現実のゴルフでは、芯を捉えたインパクトは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

 

「みんゴル」ではどうしたのか?

 

 

ゴルフではリズム感が重要である。

例えば「チャー・シュー・メン」の掛け声でスイングリズムを整える方法は有名だ。

 


<漫画「あした天気になあれ」の掛け声>

①チャー:スイング開始

②シュー:トップ

③メン:インパクト


 

みんゴルも同様。

たった3回だけでいい。

タイミングよくボタンを押すだけでナイスショットが打ててしまう。

 

ミート率に影響を与える「インパクト」については、「インパクトゾーン」という許容範囲が決められており、その範囲の中でボタンを押すことができれば晴れてナイスショットが打てるという仕組みになっている。

 


<インパクトゾーンの仕組み>

・押すのがぴったりだと、ナイスショット

・押すのが速いとウサギショットで、右方向にプッシュスライス

・押すのが遅いとカメショットで、左方向にプルフック


 

ボタンを押すタイミングは、速すぎてもダメ・遅すぎてもダメ。

ちょうど良いタイミングで押せた時には、自分の持ち球が出るようになっている。

 

ちなみにプレーヤーがドローヒッターであれば、カメショット寄り(フック方向)にインパクトゾーンが広くなっており、ゴルフのリアルが表現できていると言えるだろう。

3:【逆輸入】自分のインパクトゲージを可視化せよ

インパクトゲージの中でタイミングよく押すという操作方法で「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

 

みんゴルのプレーヤーと同様に、自分のインパクトゲージを可視化するのだ。

その方法については以下で説明していく。

 

3.1:ミート率100%のショットを打って、自分の持ち球を調査する

ジャストインパクト!

これ以上ないほど、真芯で捉えたナイスショットを打ってみよ。

当たった感覚だけでは自信がないという際には、インパクトポイントを確認できるフェースに貼るシールを併用してみればよい。

 

自分の会心のショットはどんなものか?

 


<自分の持ち球の特徴>

・弾道の高さ:高弾道・中弾道・低弾道

・打出方向:右寄り・中央・左寄り

・球筋:フック・ドロー・ストレート・フェード・スライス


 

恐らくそのショットの特徴が自分の持ち球になるであろう。

もちろん適当に振ることは許されない。

100%の「パワー」で100%の「ミート率」が出た時こそが、自分の本来の姿であることを覚えておけ。

偽りの球の傾向を知ったところで、それは本来の球ではないから無意味であるぞ。

 

このように自分のインパクトゲージを知る前には、まずは自分の持ち球を知ることから始めるのだ。

 

3.2:持ち球から自分のインパクトゲージの傾向を知る

自分の持ち球が分かったならば、その傾向を元に以下の傾向をチェックしよう。

 


<持ち球の傾向>

①ストレート:インパクトゲージが中央寄り

②フック系:インパクトゲージがフック寄り

③スライス系:インパクトゲージがスライス寄り


 

これだけでも重要な情報だ。

自分がどのタイミングに対してミスが寛容なのかを知っておくべきだ。

 

3.3:スイングのタイミングを調整できるポイントを調査する

次にインパクトのタイミングと直結する体の動きを確認していこう。

大きく分けると、2つのタイミングがある。

どちらがスイングのタイミングを決めやすいかを調べてみるのだ。

 


<インパクトゲージの場所>

①腕を返すタイミング

②ボディーターンのタイミング


 

つまりインパクトゲージは「腕」にあるか「体」にあるかの違いである。

 

では、誰にでも分かりやすい「①腕を返すタイミング」について説明しよう。 

 

右打ちの場合は、右半身にインパクトゲージがあるとイメージして欲しい。

ダウンスイングにおいて、右半身のどの位置で腕を返していくかが問題だ。

さあ、自分の体で実験してみろ!

 


<腕を返すポイント>

①右耳

②右肩

③右腹

④右腰

⑤右足

⑥ボール


 

人間には運動神経というものがあり、脳から体に伝わるまでの速度は人によって異なる。

速い者は、「⑥ボール」付近でヘッドを返す意識で良い。

遅い者は、「⑤右足」以前でヘッドを返す意識でないとインパクトは間に合わない。

 

ゴルフスイングでは、イメージと結果はずれる。

そのずれ具合は人によって異なる。

であるならば、自分は体のどの位置で腕を返していくべきかを調べた方が良い。

 

もし「右腰」で腕を返してジャストインパクトができたのならば、「右腰」周辺に自分の「インパクトゲージ」があると理解することだ。

 

3.4:全クラブでインパクトゲージを調査する

「インパクトゲージ」をイメージできるようになれば大きな進歩である。

そのインパクトゲージでタイミングをはかるようにすれば良い。

 

最後の大仕事だ。

全クラブで「インパクトゲージ」を調査してみてくれ。

クラブはシャフトの長さがそれぞれ異なるために、タイミングが異なってくる。

長くなればなるほど、そのタイミングのズレは大きくなることを理解し、調査するのだ。

 

自分のインパクトゲージをイメージしろ!
インパクトのタイミングが合うこと請け合いである。

4:【結論】インパクトゲージを調査しておけば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「インパクト」についての考え方を解説した。

 


<インパクトについて>

【問題点】インパクトが難しい

【簡略化】インパクトゲージでタイミングよく押すだけ

【逆輸入】自分のインパクトゲージを可視化せよ


 

己のインパクトゲージを可視化せよ。

少々ゲームチックな方法になってしまったが、効果は絶大。

 

多くのゴルファーはヘッドを返す動きができておらず、スライスだらけ。

右半身のどの位置でヘッドを返していけばジャストインパクトができるようになるか、是非試してもらいたい。

ヘッドが返りながら真芯に当たったショットは、今までの最長飛距離をキャリーで超えていくことであろう。

 

▼前回の記事はこちら▼ 

www.golf-samurai.com

  

(ゴルフ侍)