拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|距離感が抜群の「パターモード」とは?

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

 

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

 

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

 

なぜか?

 

 

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

 

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

 

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

 

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】パターの距離感が分からない

パターはスコアの「40%」を占めると言われている。

 

・100で回る人は40パット

・90で回る人は36パット

・80で回る人は32パット

・70で回る人は28パット

 

この法則にしたがって考えてみると、18ホールを全て2パットであがった場合は「36パット」であり、ゴルフの実力的には「90」相当の腕があると言える。

 

ゴルフの機会が多い人であれば、パターは自然と上達していく。

「方向性」の感覚については最初から皆が持っているが、「グリーンの読み」や「距離感」といった感覚は実戦でしか養えない。

 

一方、ゴルフの機会が少ない人は、パターの感覚を積み上げていく前に忘れてしまう。

毎回リセット。

最初からやり直し。

賽(さい)の河原の石積みのように、向上心はあるものの決して報われないという意味では地獄である。

 

月一ゴルファーは、パターの上達を諦めるしかないのか?

 

2:【簡略化】パターモードで自由に距離調整ができる

現実のゴルフでは、パターで好きな距離を飛ばすことは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

 

「みんゴル」ではどうしたのか?

 

 

「パターモード」という機能を設けて、「5・10・15・30ヤード」を上限とした新しいインパクトゲージを作ったのである。

 

考えてもみて欲しい。

ゴルフクラブの中で最も簡単なのは「パター」だ。

初心者だろうが、子供だろうが、直観的にプレーできる。

 

そのパター、転がる距離の上限が決まっていたらどうだろうか?

 

カップまで8ヤードであれば、「最大10ヤードのパターモード」で少し弱めにヒットすれば良い。

更に言えば、「みんゴル」ではインパクトゲージに目盛りが表示されているため、8ヤードに相当するポジションで力を決めてやれば、ぴったりの距離が打ててしまう。

リアルゴルフのように、「最大30ヤードを転がる振り幅の中、何%の距離感で打つべきか?」といったように悩む必要は全くない。

 

最大距離が決まっていると、オーバーし過ぎることがなく安心して打っていける。

ゴルフゲームは当たり前の機能になっているが、これによりパターが誰でも簡単に打てるようになっているのだ。

3:【逆輸入】自分だけの絶対距離を手に入れろ

パターモードの機能を入れることで「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

 

「みんゴル」では「5・10・15・30ヤード」といったように最大距離が異なるパターモードが何種類も用意されていた。

「リアルゴルフ」でも最大距離が決まった振り幅を用意してやればよい。

 

 

それを実現させる技術が「絶対距離」だ。

「絶対距離」とは、いつでもどこでも絶対に変わらない距離のこと。

ある決められた振り幅で「マン振り」をして、転がった距離の最大値を「絶対距離」とすべし。

パターのミート率が落ちれば、距離が落ちるだけ。

どうやっても「絶対距離」以上は転がらないというのがミソである。

 

この「絶対距離」を何種類も持っていれば、パターは怖くない。

ちなみに拙者は「3の倍数」の絶対距離を持っている。

3ヤード・6ヤード・9ヤードなど、自分の絶対距離の手法に集中するだけでカップインまたはOKに寄ってくれる。

 

絶対距離という概念の下に編み出したパターの技術。

以下の記事にまとめているので興味があれば参考にしてもらいたい。

 

www.golf-samurai.com

 

この方法をマスターすれば、どんな距離であっても「絶対距離」で勝負できる。

入るか入らないかは「方向性」に委ねられるのだ。  

パター練習しなくても寄ってくれる。
諸君、自分だけの絶対距離を手に入れるべし!

4:【結論】パターモードを設定すれば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「パターモード」についての考え方を解説した。

 


<パターモードについて>

【問題点】パターの距離感が分からない

【簡略化】パターモードで自由に距離調整ができる

【逆輸入】自分だけの絶対距離を手に入れろ


 

「みんゴル」のように、最大距離が決まったパターモードをいくつも持っておこう。

ミスしようが何をしようが、間違ってもこれだけの距離しか転がらないという最大距離が分かっていれば、それだけで十分な保険になってくれる。

 

あとは絶対距離の精度を高めること。

最初はバラツキがでるだろうが、「平均値」に囚われることなく、「上限値」をいつでも出せるような技術を手に入れよう。

これはゴルフ場じゃなくてもいい。

絶対距離を求めて、家のパターマットでコツコツと努力するだけだ。

こうした意味のある努力は絶対に報われるぞ!

 

▼前回の記事はこちら▼

www.golf-samurai.com

 

(ゴルフ侍)