拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「ひっかけを治したい」→「マン振り+ボール右足寄り」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

今回は「ひっかけを治したい」という悩みを一刀両断してみせよう。

 

本日の悩み:「ひっかけを治したい」

スイングの前提条件

拙者は「マン振り」こそが、最速かつ最高の上達法であると確信している。

ゴルファーが抱く全ての悩みは「マン振り」で解決できる。「複雑化」よりも「シンプル化」の戦略が最強だ。以下にまとめ記事があるので、未読の方は是非ご覧頂きたい。

「マン振り」ができていないと様々な悪癖が舞い込む。そうした悪癖を一個ずつ潰すのはキリがない。よって「マン振り」ができているという前提で話を進める。

ひっかけに関する情報

f:id:golf_samurai11:20180729000627j:plain

「ひっかけ」に悩む諸君、まずは「ひっかけ」に関する情報をご一読されたし。

 

ひっかけとは

「ひっかけ」とは、打ち出し方向が目標よりも左に飛んでいくミスショット。

左に曲がる「フック」とも似ているが、「ひっかけ」は打ち出し方向が左という点で少し異なる。左に飛ぶ球について、その度合いを含めて整理してみよう。

 

①ドロー: 左に曲がる球 ※意識的に曲げる球、コントロールされた球

②フック: 左に強く曲がる球

③ひっかけ: 打ち出し方向が目標よりも左に飛ぶ球

④チーピン: 打ち出し方向が目標よりも左で、かつ左に曲がる球
(※チーピンとは、麻雀用語。ダグフックとも呼ばれる)

⑤裏シャンク: 通常のシャンクは右に飛ぶが、ネックの手前側に当たり左に飛ぶ球
(※よほどの初心者でないと出ない球。自打球の恐れがある危険球である)

 

 

「フック」は左に曲がるショットだが、「ひっかけ」は左に打ち出している分、更にトラブルを招く。飛距離が出ない割りに、左方向への突破力が凄まじいのだ。

 

ひっかけの原因

「ひっかけ」の原因は分かりやすい。

スイングが「アウトサイドイン軌道」であることが主要因である。

 

スイング軌道に対して、スクエアにヒットすれば左方向へのストレートで「ひっかけ」、フェースが被れば左方向へのフックで「チーピン」になる。

 

理由が分かれば対処できようものだが、方法を間違えるとスイングが崩れるので要注意だ。

 

 

ひっかけの解決法

f:id:golf_samurai11:20180613151347j:plain

間違っても「手打ち」が原因だと決め付けて、「手抜き」のスイングをするな。

どんどんスイングが崩れて、絶不調の波に飲み込まれるのが落ちだ。

 

ゴルフ侍であれば、「マン振り」は欠かさないこと。

「ひっかけ」で気をつける点といえば、「ボール位置」だ。

 

考えてみて欲しい。

ボール位置を左に置けば、スイング軌道はアウトサイドインになり、右に置けば、スイング軌道はインサイドアウトになる。つまり、「ひっかけ」の原因はアウトサイドイン軌道なので、それが補正されるように「ボール位置」を右側に置けば完璧だ。

意識の中で、インサイドアウトに振ろうとは一片たりとも考えてはならぬ。ボール位置を右に置くだけで自然に解決する。アドレスだけで「ひっかけ」を予防できるので、後は「マン振り」するだけというお手軽さだ。

 

自分のミスの傾向をしっかりと見極めて、打つ前にミスの要素を消すべし。

 

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)