拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

「スライスを治したい」→「マン振り+下半身固定」

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

今回は「スライスを治したい」という悩みを一刀両断してみせよう。

 

本日の悩み:「スライスを治したい」

スイングの前提条件

拙者は「マン振り」こそが、最速かつ最高の上達法であると確信している。

ゴルファーが抱く全ての悩みは「マン振り」で解決できる。「複雑化」よりも「シンプル化」の戦略が最強だ。以下にまとめ記事があるので、未読の方は是非ご覧頂きたい。

「マン振り」ができていないと様々な悪癖が舞い込む。そうした悪癖を一個ずつ潰すのはキリがない。よって「マン振り」ができているという前提で話を進める。

スライスに関する情報

f:id:golf_samurai11:20180729000627j:plain

「スライス」に悩む諸君、まずは「スライス」に関する情報をご一読されたし。

 

スライスとは

「スライス」とは、右に強く曲がる球である。

球に対してフェースが開いて当たるため、飛距離はあまり出ない。スピンが多くかかるためランは出ないが、右の林を越えていくという状況になるとトラブルは免れない。

「フェード」も右に曲がる球であるが、「スライス」よりも曲がる度合いが少なく、プレイヤーの意思でコントロールされている点で異なる。「スライス」から「フェード」に改善できれば、安定感のあるゴルファーに変身できる。

 

スライスの原因

スライスが起こる原因は以下の3つが挙げられる。

 

・クラブフェースが右を向いている

・ウィークグリップになりすぎている

・ボディーターンが強くなりすぎている

 

総括すると、「ボディーターン」が全ての元凶だ。

ゴルフは全身の回転運動ではあるが、クラブと唯一の接触している「腕」をしっかり振ることができていないはず。球も弱々しいし、方向性も悪い。

そんなハンデを自分に課さなくていい。さっさと「スライス」を解決して先に行くぞ。

 

スライスの解決法

f:id:golf_samurai11:20180613151347j:plain

物事には順序がある。

「算数→数学」、「国語→外国語」、「歩き→走り」。

 

ゴルフの順序は、「手打ち→ボディーターン」だ。

 

球を打つのは、クラブを持っている「手」だ。

「体」は「手」を加速させるための道具でしかない。

 

まずは下半身を固定して、上半身だけで「マン振り」するのだ。

スライスが根付いた諸君には難しかろうが、その違和感こそがゴルフの基本になる。しっかりと左方向に飛び、フックするようになったら、完成だ。徐々にボディーターンの要素を加えていけば良い。

イメージとしては、「手打ち」が素材で、「ボディーターン」が調味料的な存在だ。素材を磨いて、調味料で抜群の味付けを探したまえ。見違えるほどの球に変身するぞ。

 

これにて一件落着。

 

(ゴルフ侍)