拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

【練習後記:2018/12/11】テークバックでインサイドに引きたい

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

2018年度も12月となり、仕事もプライベートも慌ただしくなってきた。

連日のように忘年会や懇親会といった宴会が続き、胃も体も疲れを見せてくる。

 

週に1回の練習を習慣としている中で、ようやく練習場に足を運ぶことができた。

 

1週間もゴルフクラブを握らないと不安だ。

家で素振り用クラブを振っているとはいえ、実際に球を打つのとは違う。

今回も1時間の打ち放題サービスを利用してきたので、練習内容を振り返ってみよう。

体が重くて、自分の体ではない感覚

拙者の代名詞である「マン振り」。

 

もちろん実践してきた。

この「マン振り」の精度が拙者のバロメーターになっている。

 

ブン!

 

 

ブン!

 

 

ブン!

 

ヘッドスピードは50m/sを超えており、最速でも51.7m/sを記録して悪くない。

しかし、体が重いせいか、スイングのバランスが悪くて違和感が拭えない。

 

この感覚が残っていると1回ミスショットをするだけで、ずるずるとスイングが崩れていく傾向がある。

 

何とかせねば。

 

こういう時は、自分の基本スイングに立ち返る。

拙者の基本形は以下の通りだ。

 

ドライバー

・左足から頭までの一本軸のスイング

・トップで左膝を伸ばし、その左膝の角度をキープしながらインパクト

アイアン

・右足から頭までの一本軸のスイング

・トップで右膝を伸ばし、その右膝の角度をキープしながらインパクト

 

この動きを徹底すればミート率が上がり、基本の状態に戻る。

しかしこれでは満足できないのは完璧主義者だからだろうか。

いや、ゴルフの究極形を目指している以上、現状維持で満足していられない。

現在の課題は、テークバックを「アウトサイド」から「インサイド」に引けるようにすること

拙者の持ち球は「ドロー」だ。

トップからフォローにかけて、確実にインサイドアウトとなっているが、1点不満が残っている。

 

 

 

過去のスイング動画を見ると、テークバックでアウトサイドに上げられているのが分かるだろうか。

アドレスではヘッドを地面につけているので、ヘッドを浮かせた瞬間にアウトサイドに上がったように見えるだけかもしれない。

しかしバックスイングとダウンスイングの軌道を同調させて再現性を高めたい拙者はとても承服できない。

 

まずはテークバックでインサイドに引くこと。

そのためには下半身主導のテークバックをすると実現できることに気付いた。

下半身すなわち腰を右に切った後、少し遅れてクラブと手を同調させながら動かすと、理想のバックスイングができるのだ。

 

 

しかし未完全だ。

スイング中にクラブのベクトルが変わるためか、気持ち悪い感触は残るが、この感覚を取り入れて慣らしていきたい。

 

 (ゴルフ侍)