拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ゴルフ練習(2019-23):飛距離と方向性を両立させるスイング(ビンタ打法)

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
2019/6/11にゴルフ練習をしてきたので、その内容を報告しよう。

6月に入って初めての練習報告となる。

下半身強化としてランニングは継続できているので、体力は十分。

ゴルフで痛めていた両肘も、日常生活で痛みを感じないほどに回復してきた。

 

「今日はやれるぞ!」

 

しばらくできていなかった「マン振り」を実践すべく、足早に練習場へと向かった。

 

体の違和感は全くなし!

練習場に到着すると、まずは素振り用バットの出番となる。

通常のクラブよりも重いので、小手先ではなく体全体でしっかりと振ることになるのだが、体中のどこにも痛みを感じる部位はなかった。

 

懸念していた両肘、そして地引網漁で痛めた左足首も問題なさそうだ。

 

www.golf-samurai.com

 

すぐにでもドライバーを「マン振り」したいところではあるが、短いクラブから打ち始めて、徐々に番手を上げていくことにした。

 

<練習の順番>

①サンドウェッジ(58度)

②9番アイアン

③6番アイアン

④ドライバー

 

今日は体が万全で振れていることもあって、飛距離が出ている!

拙者はいつも同じ練習場、同じ打席、同じ番手で打ち比べているので、調子がすぐに分かるのである。

その飛距離は以下の通りだ。

 

<番手別のキャリー>

①サンドウェッジ:95ヤード

②9番アイアン:145ヤード

③7番アイアン:170ヤード

④6番アイアン:185ヤード

⑤3番ウッド:240ヤード

⑥ドライバー:250ヤード以上(不明)

 

どうやら自身の最大距離よりも5ヤードほど飛んでいる。

目測でも飛距離計測器で測っても間違いない。

このスイングを物にできれば、更なるレベルアップが実現できるだろう。

右手の平でボールの横っ面を引っ叩く(ビンタ打法)

f:id:golf_samurai11:20190611151034j:plain

飛距離が出るスイングは記録しておかねばなるまい。

まずはスイング動画はこちら。

 

 

続いてスイングのポイントはこちら。

 

<アドレスのグリップ>

①右手の平:目標方向に対してスクエア

②右手親指:シャフトの真上を沿うように

③握力:人差し指が離れるほど緩く握る

 

<スイングイメージ>

①右手で平手打ち(ビンタ打法)

・テークバック:グリップが腰の高さを越えるまで、右手の平は目標方向を向き続ける

・バックスイング:左肩が下がり、右上腕と肩のラインが一直線になるイメージ

・トップ:右手首と左手首のヒンジ(蝶番)が開く

・インパクト:右手首と左手首のヒンジ(蝶番)が閉じる

 

アドレスでグリップを整えたら、スイングイメージでいざクラブを振るだけだ。

「バチッ!」と思い切りビンタしてやるのがコツである。

ヒンジの重要性とは?

f:id:golf_samurai11:20190611150346j:plain

特に重要だと感じたのは、両手首の使い方である。

「ヒンジ(蝶番)」とはご存じだろうか?

 

 

ドアについている金具であるな。

ゴルフでいう「ヒンジ」とは、回転する動きではなく、ビンタのように手首を左右に曲げる動きである。

右手のヒンジはイメージしやすいが、左手のヒンジもイメージできると更に飛ぶようになるのでマスターしたいところ。

ダスティン・ジョンソンを見本とするが良い。

トップで左手の甲が山折になっているほどだ。

 

この辺はシャドースイングで感覚を掴める。

右手の平でボールの横っ面をビンタするように振ってみるのだ。

強く叩く際には、テークバックで少し内側に絞るようなテークバックをすると力が溜まってくれる。

これは最近よく聞かれる「左ハンドル」という動きであり、この理論を順番で表現すると以下のようになる。

 

①テークバック:左ハンドル

②トップ:右ハンドル

③インパクト:左ハンドル

 

最初から「右ハンドル」で始動しても良いのだが、それではパワー不足。

ビンタと一緒で最初は力を抜き、体側の軸に引っ張られながら「左ハンドル」の動きを取った方が、トップの「右ハンドル」で力が倍増する。

そして溜まった力を「左ハンドル」でインパクトすれば、かなり飛んでくれる。

 

この打ち方のいい点は、曲がりにくいこと。

ビンタをする時に、ヒンジの横回転で叩くのと、手首の回旋(ひねり)で叩くのと、どちらが安定するか?

ヒンジは左右の動きであるため、インパクトポイントさえ合えば、そのまま素直に真っ直ぐ飛んでくれるのである。

飛んで曲がらないショット、ここにあり!

次回のラウンド予告

さあ、今期目標としている一つの試合が近づいてきた。

6月19日の世界アマ予選である。

もし仮に日本代表になれれば、マレーシアに出陣できる。

絶対に行きたい。

あと1週間か、時間を大事に使っていこう。

 


<今後のゴルフスケジュール>

6/19(水):世界アマ@埼玉・岡部チサンカントリークラブ美里コース

6/25(火):じゃがいも東日本予選@北海道・恵庭カントリー倶楽部

6/26(水):じゃがいも夏季戦@北海道・隨縁カントリークラブ恵庭コース

9/2(月):じゃがいも全国大会@愛知県・三好カントリー倶楽部

10/6(日):じゃがいも秋季戦@静岡県・未定

11/27(水):じゃがいも取切戦@狭山ゴルフクラブ


 

「平均78」を目指して頑張るぞ!

 

▼パフォーマンスを向上させる競技者のための「アミノ酸」はこちら

アミノバイタル プロ 30本入箱

▼本気で理想のカラダを目指すための「プロテイン」はこちら

アミノプロテイン レモン味 30本入パウチ

 (ゴルフ侍)