拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

【パターの技術】「マン振り」で絶対距離を生み出すストロークを習得せよ

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180531093928j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。

 

「パターが上手くなりたい!」

 

なんと、パターとな。

拙者はドライバーの方が好きなのだが、しょうがない。

 

パターも「マン振り」の技術を用いれば、あっという間に上達する。

明日から諸君もパターの名手だ。

パターが苦手な人の特徴とは?

パターが苦手な人の特徴を以下に挙げてみよう。

 


①距離感が悪い

②方向性が悪い

③ラインが読めない


 

大きく分けると、この3点だ。

この中で特に致命的なのが、①距離感の問題である。

 

パターで打つ以上、②方向性や③ラインについては、未経験の素人でも何とかなる。

しかし、①距離感に関しては、経験値に大きく左右されるのである。

そのため初心者は「距離感」を苦手にするケースが多い。

 

だが、安心しろ。

距離感という「感覚」がなくても、パターを攻略できる方法がある。

これを習得すれば、いつでもどこでも安定したパッティングができるだろう。

感覚を活かす従来のパッティング方法

従来であれば、以下に挙げる手順が効果的であった。

 


<感覚を最大限に活かす手順>

①ボールの近くに立つ

②カップを見ながら連続素振りをする

 (見た目で振り幅を調整する)

③その振り幅を維持したままボールを打つ


 

この方法は自分の「感覚」を活かすという意味では素晴らしい。

勘のいい者は、これだけでピンに寄せてしまうのだから面白い。

 

だが、所詮は「感覚」に頼っている。

「感覚」は敏感で、もろい。

「感覚」に頼っても駄目だったという者は、拙者が提唱するパター論を習得すべし。

絶対距離をマスターせよ

f:id:golf_samurai11:20181116175142j:plain

拙者のパター論では「絶対距離」が合言葉だ。

絶対に覚えておけ。

 

「絶対距離」とは、いつでもどこでも絶対に変わらない距離のことである。

 

具体的に説明しよう。

パターを持ち、適当な振り幅で「マン振り」をしてみてくれ。

人によって気持ちよく振れるストロークが必ず存在する。

それが「5ヤード」なのか「10ヤード」なのかはバラバラでいい。

拙者の場合は「6ヤード」が最も気持ちよく振れる距離となる。

そうするとピンまで「6ヤード」の時は、絶好のチャンスとなる。

絶対距離に自信があるから、あとは方向性だけを合わせればカップインしてしまう。

 

では、諸君の絶対距離は「何ヤード」だ?

まとめ

「絶対距離」を知ることで、パットが簡単になる。

この重要性、分かって頂けたであろうか?

 

そして勘がいい人は気付いたかもしれない。

 

「他にも気持ちよく振れる絶対距離を見つければ、全ての距離に対応できるのでは?」

 

鋭い。

その通りである。

拙者は全ての距離に対応できる「絶対距離」を持っている。

そのパターの奥義をこれから連載形式で特別公開して参る。

 

しっかりと自分のものにし、パターなどさっさと攻略してドライバーを極めようぞ。

 

▼「絶対距離」を測る際に大活躍のゴルフグッズ|パターにも使えるぞ!▼

練習場のお供に必携のゴルフグッズ|ポータブル距離測定器(ユピテルGST)

 

 (ゴルフ侍)