拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

【2018年の反省】現在の実力を噛み締めて、来年への飛躍に繋げよう

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
平成最後の年、2019年が始まった。
2018年はどんな1年だったか、振り返ってみるでござる。

2018年のラウンド結果

①01/03:87(30)@オリムピックCCレイクつぶらだコース

②02/26:82(34)@日本カントリークラブ

③03/07:79(31)@武蔵CC豊岡コース

④03/14:82(35)@昭和の森GC

⑤03/26:81(31)@狭山GC

⑥04/04:75(32)@東松山CC

⑦06/08:84(33)@八王子CC

⑧06/25:81(32)@レイクウッド総成CC

⑨07/10:82(35)@オリムピックCCレイクつぶらだコース

⑩07/25:80(32)@大洗GC

⑪08/07:78(33)@オリムピックCCレイクつぶらだコース

⑫08/14:80(35)@我孫子GC

⑬09/10:78(34)@東松山CC

⑭09/21:79(27)@オリムピックCCレイクつぶらだコース

⑮09/25:87(36)@芥屋GC

⑯10/14:79(32)@三島CC

⑰11/29:79(30)@青梅GC

⑱12/14:94(34)@岡部チサンCC

⑲12/23:83(34)@鳴沢GC

2018年のゴルフスタッツ

<合計>


ラウンド数:19回

平均ストローク:81.58


 

ラウンドの機会を19回も得られたことは素直に喜ばしい。

2018年は家庭の事情でゴルフが危ぶまれていたので何よりだ。

平均ストロークは、70台を目指していただけに悔やまれる結果である。

特に最後の2ラウンドで自分で望みを絶ったのは情けない。

今回を機にしっかりと分析して2019年に活かそうぞ!

 

<ショット系>


平均フェアウェイキープ率:37.0%

パーオン率:47.95%

ボギーオン率:37.72%

ボギーオン以上:85.67%

サンドセーブ率:39.0%

リカバリー率:27.0%


 

「フェアウェイキープ率」はどうでもいい。

最悪OBでなければ、打てる場所にあれば良いと思っている。

ただし「パーオン率」だけにはこだわりたい。

拙者のプレースタイルは、パーオンをどれだけ多くできるかだ。

アプローチよりもパターで打つ方がスコアが安定する。

パーオン率60%を達成できれば、他のホールがボギーでも70台を出せる。

まずは持ち味の「ショット力」を磨いてコースを攻略したい。

 

<パット系>


平均パット数:1.81

平均パット数(パーオン時):1.98


 

2018年は球に魂が乗らなかった。

やはり適当に打っていると、適当な結果にしかならない。

試合に多く出て、しびれるようなパターを経験しながら上達を目指そう。

 

 <スコア分析>


イーグル以上:0.3%

バーディー:8.5%

パー:45.6%

ボギー:33.3%

ダブルボギー:9.1%

トリプルボギー以上:3.2%


 

ダブルボギー以上が「12.3%」という結果は、シングルプレーヤーとしては異例なのではないだろうか。

18ホールで2ホール以上という割合である。

拙者の特徴としてはOBが非常に多く、感覚としては1ラウンドで最低1回だ。

負けじと「マン振り」を繰り返す拙者も拙者であるが、どんな場所でも「マン振り」ができる度胸とメンタルは誰にも負けない自信がある。

後は「マン振り」の精度を上げるだけ。

自由自在の「マン振り」を手に入れた暁には、別世界が見えているだろう。

 

<平均ストローク数>


Par3:3.5

Par4:4.6

Par5:5.5


 

各ホールで、均等に0.5打を多めに打っている。

Par3はパーオンできなかった時に、アプローチで寄せきれない。

Par4はドライバーでOBが出て、それを取り返せずに最もスコアが悪い。

Par5はドライバーでOBは出るが、バーディーが出るだけPar4よりは良い。

 

2018年の総括

最も記憶に残っているのは、全国大会で福岡県の芥屋GCに参戦できたこと。

毎年「KBCオーガスタ」という男子プロツアーが開かれている会場だ。

全国から強者が集まる中、フルバックという最高の環境で戦えたのは財産である。

前半に39で回り、後半にベストプレーができれば優勝も狙えた位置で、後半は48で崩れてしまったことは心技体が共に未熟であるからだ。

2018年の全てがこのラウンドに凝縮されている。

 

2019年には、北海道予選からの愛知県決勝がある。

2018年をステップとして、大躍進を自分に期待したい。

 

戒めとして記録をここに残す。

 

(ゴルフ侍)