拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-05):LSDで15キロを走破も、左膝を負傷・・・

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

1/29、LSDで15キロに挑戦してきた。

前回のランニングは1/25だったので中3日となる。

今回はLSDのペースを守るように心掛けた。

走りに気持ちや気合が乗ってしまうと、自然とペースアップしてしまうが、今回の結果はどうなったのかを振り返ってみよう。

LSD(ロング・スロー・ディスタンス)を見事に達成!

LSDのペースは、1キロ7~8分と言われている。

今回は時計を見ながら走ることで、このペースを目指した。

 

早速、結果を発表しよう。

(7:06~7:25)のタイムラップをキープすることができ、人生初めてのLSDを達成することができた!

最初こそペースを整えることに苦労したが、その後は安定したペースを維持。

タイムをあきらめることで、ストレスを溜めることなく走ることができた。

 

息は全く切れなかったので、効果的な有酸素運動ができたのだと感じる。

どこまでも走れそうな感覚を得ることができた。

左膝に違和感が出たまま、15キロを走破したが・・・

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

毎度おなじみの体の異変。

拙者の場合、「左膝」がボトルネックのようだ。

 

7キロ時点だっただろうか。

左膝にいつもの違和感が生じ始めた。

 

「まさか、こんな遅いペースで走っているのに、痛くなるはずがない」

 

そう信じて、走り続けた。

案の定、8キロを過ぎる頃には痛みがすっかり消えてくれた。

やはり痛みは気のせいだったのか。

その後、無事に15キロを走ることができ、左膝は少し痛いくらいだった。

 


<ランニング結果|2019/1/29>

距離:15キロ

時間:1:49:13

ペース:7:16(m/km)

カロリー:1,097(cal)


 

家に戻ってからはストレッチをして、風呂でも十分に暖めた。

しかし左膝の痛さは徐々に強くなる。

いざ就寝という頃になると、寝返りをした際に激痛が走るようになった。

痛くて目が覚めるという状態だ。

 

LSDという低負荷とはいえ、これが長い時間を走った後遺症か。。。

どうやら15キロを甘く見ていたようだ。

 

全身が強化されているのは事実であるが、何とか距離を伸ばしていきたい。

2月はLSDで(100キロ)を走る目標があるので、以下の内訳で走る予定だ。

 

①LSD:15キロ

②LSD:15キロ

③LSD:15キロ

④LSD:15キロ

⑤LSD:20キロ

⑥LSD:20キロ

 

2月はLSD縛りとする。

この1ヶ月でランナーとしての体作りを着実に実行していこう。

 

 ▼パフォーマンスを向上させる競技者のための「アミノ酸」はこちら

アミノバイタル プロ 30本入箱

▼本気で理想のカラダを目指すための「プロテイン」はこちら

アミノプロテイン レモン味 30本入パウチ

 (ゴルフ侍)