拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-17):体調万全!気合の10キロ50分切り!

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

4月18日(木)に走ってから、中3日である。

体調は万全。

気温は最高。

さあ条件は整った。

10キロのベスト更新を目指して、いざ行かん!

ランニング記録

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

この日は暑かった。

昼は20度を超えたのではないだろうか。

走る時間帯は、娘のバレエ教室がある16時半~18時の間である。

 

ちょうどいい。

暑くも寒くもなく、走るには最適である。

否が応でも気合が高まる。

 

さて早速だが、10キロで50分切りを目指した結果を見て頂きたい。

 


<ランニング結果|2019/4/22>

距離:10キロ

時間:49:52

ペース:4:59(m/km)

カロリー:727(cal)


 

ナイスラン!!!

なんと、10キロ50分切りを達成することができた!

これほど早く50分切りができるとは思っていなかったので、素直に嬉しい。

 

しかし走った本人としては、本当に辛かった。

最初の1キロは5分28秒で入り、その後は5分以内で走ることができたのだが、息は絶え絶えで、途中で止まりたいと何度思ったことか。

よく言われるランナーズハイを感じることはなかった。

ただただ辛いだけ。

 

結果的には後半にペースが速くなる「ネガティブスプリット」になったが、定石とは少し違う。

スタートから既に限界に近いスピードであり、ジリ貧が続いたのである。

ペースの貯金ができず、少しずつ借金していくような感覚だ。

曲がり角や坂道でペースが狂わされる度に、メンタルが疲弊していった。

 

拙者の場合、タイムの妨げになったのは「心肺機能」である。

足腰はまだまだハイペースに耐えられそうだが、息だけは全く続かない。

 

「ゼエゼエ!」

「ゼエゼエ!」

 

花粉マスクで息がしにくいというのもあるが、酸素が欲しくてたまらない。

傍目から見ると、必死の形相で走っていたはず。

 

そうだ。

こっちはベスト更新を賭けた走りである。

自分の限界に挑戦した結果であり、苦しみは覚悟の上だ。

 

とはいえ、毎回のようにベスト更新を目指す走りは厳しい。

体の故障の原因にもなるし、気持ちよく走りながら習慣化していくのも大事だからだ。

そろそろ20キロのトレーニングにも挑戦してみたい。

どこかでハーフマラソンの大会にエントリーでもしてみるかな? 

 

▼花粉症ランナーにオススメのマスクはこちら▼

 

 (ゴルフ侍)