拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-21):体重68.5キロという不都合な真実

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

令和元年6月の始まりである。

5月は不本意ながら合計20キロしか走れなかった。

 

ゴールデンウィークがあったのに?

ゴールデンウィークがあったせいか?

 

自分がやってきたことだ。

今悔やんでもしょうがない。

 

さて気持ちを切り替えて、6月度のランニングに移ろう。

今月は100キロを走ってみたい。

内訳としては、10キロを6セット、20キロを2セットだな。

ゴルフの試合が3回予定されている。

ケガをしないように用心して走り込みをしていこう!

ランニング記録

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

6月1日の午後。

最近にしては暑くもなく寒くもなく。

25度ぐらいの過ごしやすい陽気となった。

 

ランニングには適している条件だが、5日前に走った疲れがまだ残っている感じがあった。

体の調子を整えるのは難しいものである。

 

おかげさまで気負うものはなく、ただ純粋に「10キロを走る」という目的を遂行することができた。

 


<ランニング結果|2019/6/1>

距離:10キロ

時間:53:54

ペース:5:23(m/km)

カロリー:724(cal)


 

最初の7キロは鼻呼吸。

最後の3キロは口呼吸も導入して走った。

 

前回と同様に辛いことは辛いが、タイムは2分強も縮まった。

最終ラップは4:48だったので、最後のラストスパートが効いたようである。

 

走っていて感じていたことは「体が重い」。

最近は食べ過ぎていたのか、体重を測ってみると「68.5キロ」を指していた。

走れていた時は、一時的に66キロ前後になっていたのにこれはひどい。

水のペットボトル(2リットル)を持って走ったようなものだ。

これは長距離になればなるほど辛くなる。

 

しかしポジティブに考えると、足腰に対して通常よりも負荷がかかったトレーニングができたということ。

下半身強化は、安定したゴルフスイングにとって不可欠だ。

急激に体重を落とすことなく、いっぱい食べて・いっぱい走って、徐々に体重を落としながら筋力を増やしていければいい。

 

目標体重は「62キロ」としよう。

身長が168センチだと理想体重はこの数値になるらしい。

理想の体型は「太マッチョ」なので、この水準まで落としてみてガリガリ過ぎるようであれば、更に体重を上乗せするかもしれないが。

このように数値目標を持って走れるランニングは、非常に万能だなと思う今日この頃である。

 

 

 (ゴルフ侍)