拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-22):中一日というランニング地獄

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

6月はランニング月間である。

梅雨時ではあるが、合計100キロを目指している。

 

10キロを6セット、20キロを2セット。

 

雨が降ると走れなくなるので、走れる時に走っておかなければならない。

6月としては2回目のランニングとなる。

目標達成まで走り抜けて見せよう!

 

ランニング記録

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

6月3日の夕方。

雨が降りそうで降らないような天候であった。

 

「これなら走れそうだ!」

 

思い立ったら一直線。

昼以降はランニングのことで頭がいっぱいとなり、昼食はスイカを食べて、体を冷やしながら水分補給をしっかりしておいた。

実は昨日の夕飯がすき焼きで食べ過ぎてしまったので、ランニングまでに軽量化しておきたいという思いもあったのである。

 


<ランニング結果|2019/6/3>

距離:10キロ

時間:53:12

ペース:5:19(m/km)

カロリー:725(cal)


 

今回も疲労困憊。

なぜランニングはこれほどまでに辛いのだろう・・・?

 

特に中一日となった足腰の筋肉痛は健在であった。

少ししゃがんだだけでも足が震えるほどであったので、走れるような状態ではなかったかもしれない。

たかが10キロを走っただけなのにダメージがまだ残っているとは・・・

しかし走ると決めたら走るのだ。

 

最初の5キロはゆっくりと5:30ペース。

それ以降、「いつ止まってやろうか!」という弱い自分との戦いになる。

そこまで速く走っていないのに苦しいのだ。

心肺機能・足腰の筋力など、まだまだ未熟であることを痛感させられる。

 

唯一の朗報としては、膝の関節痛は完全になくなったようである。

関節痛は本当に走れなくなるから注意が必要だが、現在のボトルネックは関節から筋肉に移っている模様。

早く筋肉を卒業して、いつでもベストタイムを狙えるようになりたいものだ。

 

6月としては既に20キロを走破し、先月の走行距離に並んだ。

残りは10キロを4セット、20キロを2セット。

 

先は長い。

とにかく前に進んでいこう。

 

 (ゴルフ侍)