拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-23):食い倒れ翌日の早朝ラン

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

突然の報告で失礼する。

6月4~5日で博多旅行に行ってきた。

表向きには研修旅行という名目だが、現実は少し異なる。

 

今回のテーマは「博多を食い尽くす」!

とにかく博多名物を全員で平らげてきたのである。

 


<博多の名物達>

①あら:美味しんぼ10巻で出てくる高級魚

②梅ヶ枝餅:大宰府名物のモチモチした餅菓子

③むっちゃん万十(まんじゅう):たい焼きのムツゴロウ版(あんこ以外にも惣菜などが選べる)

④イカ:イカ刺し・イカ天が満載のフルコース

⑤地鶏:宮崎産地鶏をもも焼き・たたき・唐揚げに

⑥博多ラーメン:濃厚白濁スープだけでなく透明スープも発見!

⑦ステーキ:綺麗な霜降りが入った佐賀牛

⑧博多明太子:お土産用の明太子づくり


 

本気で食い過ぎた。。。

一人では決してここまで食べないはずが、大勢で食べていると変な連帯感が生まれ、次第に感覚が麻痺して不思議と食べられるようだ。

 

特に初日。

朝の羽田空港でカツサンドとビールで乾杯してからは怒涛のスケジュールが待っていた。

①~⑥までを間髪入れずに食べきったのである。

胃が休まる時間などなく、ひたすら食べていた記憶しかない。

ドリンクも含めれば、5kgぐらいは摂取したのではないだろうか?

 

人生で一番食べたと言っても過言ではない。

限界突破の苦しみと喜びを味わった研修旅行となった。 

ランニング記録

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

初日は言葉通りに「食い倒れ」。

食べていただけではあるが、それだけでも疲れる。

本当ならば体を休ませたいところだが、この体で走ってみたいMな自分がいた。

幸い、二日目は晴れ予報であり、走るには絶好のチャンスであった。

 

最初は中州の歓楽街を走ろうかと思っていたが、雑多なイメージで走りにくそうだし、酔っ払いにも絡まれそうなので除外。

携帯でランニングコースを検索した結果、「大濠公園(おおほりこうえん)」という大きな公園が近くにあることを知り、そこに決めた。

 


<ランニング結果|2019/6/5>

距離:10キロ

時間:54:30

ペース:5:26(m/km)

カロリー:723(cal)


 

走り始めは最悪。

体重は70kgを超えていると予想され、それにも増して体が重く感じる。

ジョギングペースでもすぐに息が切れてしまう。

途中の信号で止まれることがどんなに嬉しいか。

 

さて、ホテルから大濠公園までは約2キロ。

現地に到着してみると驚きの光景が目の前に。

公園の中央にはそれはそれは綺麗で広大な池があるではないか!

更にその池の周りは、ランナー用に舗装されたんじゃないかと思うほどの十分に拡幅されたランニングコースが用意されていた。

ご丁寧にも、100メートル毎にラインが引かれてあり、1周が約2キロとなっている。

 

まるで皇居ランをしているかのようだ。

テンションが上がってからは、徐々に動きが変わり始めた。

1キロを過ぎる度に、まるで重りを外していくかのようにスピードアップ!

最後のラップはなんと「4:27」で走り切った。

 

このラップタイムは今シーズンのベストであり、コンディション以上にランニング環境は重要なのだと身をもって教えられた。

やはり気持ちよく走っているとタイムも自然に上がるのだな。

観光ラン、好きになってきたぞ!

 

 (ゴルフ侍)