拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-24):熱中症には要注意!

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

前日に食い倒れの博多旅行からようやく戻ってきた。

体重を測ってみると69.0キロ。

この二日間で2キロほど増えた計算である。

博多料理はいくらでも食べてしまうから、かなりの危険食だな。

 

そして今日は木曜日。

娘のバレエ教室の曜日ということは、自動的にランニングの日となる。

早く元の体重に戻すべく、いつものコース(井の頭公園)で10キロを走ってきた。

ランニング記録

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

昨日の早朝は、博多ランで10キロを走破。

そこから起算して中0日という強行スケジュールである。

果たして体力は持つのだろうか?

 

栄養は十分だが、体重は過多だ。

あまりタイムには期待せずに、10キロを走り切ることを目標に走ってきた。

 

 


<ランニング結果|2019/6/6>

距離:10キロ

時間:54:14

ペース:5:25(m/km)

カロリー:724(cal)


 

走り始めてみると、やはり体が重い。

体が重く感じるのは、いくつか理由がある。

 

まずは物理的な重み。

急に2キロも体重が増えるというのは、2Lペットボトルを体に括りつけて走っているのに等しい。

 

次に筋肉が走る負荷に対して負けている時。

博多空港の搭乗前に全身マッサージ(45分コース)を受けたのにな。。。

もみ返しのような筋肉痛はないが、筋肉疲労は取れていないようだった。

 

5キロを越えたあたりで、体力がジリ貧となる。

上り坂や人をよける時など、ペースが乱れてくると止まりたい気持ちが溢れてくる。

止まりたいけど10キロを走破するまでは止まれない。

メンタル強化にはもってこいのトレーニングである。

 

いつも走り終えると水分補給として「アミノバリュー500ml」を飲み干すのだが、この日はそれだけでは足りないほどだった。

最近は30度近い気温が続いている。

熱中症に細心の注意を払いながら、トレーニングを進めていきたい。

 

 (ゴルフ侍)