拙者のゴルフ

ゴルフ侍|自己成長を求め、己の「ゴルフ道」を歩もう

ランニング(2019-25):梅雨入り発表!晴れ間は決して逃さない

この記事をシェアする

f:id:golf_samurai11:20180620115606j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。 

2019年6月7日、気象庁は関東地方の梅雨入りを発表。

ほぼ平年並みの梅雨入りということである。

週間の天気予報を見ても、雨マークがずっとついており、梅雨を嫌でも感じてしまう。

 

ということは。。。

ランニングができなくなるということだ。

拙者のランニングスタイルとしては、屋外で気持ちよく走ることをモットーとしているため、体育館やジムで走ることは考えていない。

梅雨時期は走る頻度が減るが、代わりに屋内でできる筋力トレーニングをしようと計画していた。

 

この日は通常であればランニングの日だが、雨予報だったので走る予定ではなかった。

しかしどうだろう。

朝の天気予報が徐々に外れて、昼間には晴れ間が差すようになった。

 

「これ、走れるんじゃないか?」

 

やるきスイッチをOFFからONに切り替えて、急遽走ることにした。

ランニング記録

f:id:golf_samurai11:20190108004608j:plain

走る気はなかったものだから、予定が狂った。

土曜の昼は、家族で焼肉を食べに行くことが多いのだが、消化が不十分のまま走ることになってしまったのだ。

13時に焼肉を食べ終えて、その1時間後には走り出すというタイムスケジュールである。

まあまあきついな。

 

そんなこんなで速いタイムは望んでいない。

片腹が痛くならないように祈りつつ、10キロを走ってみた。

 

 


<ランニング結果|2019/6/8>

距離:10キロ

時間:56:41

ペース:5:39(m/km)

カロリー:726(cal)


 

ゆっくり走ることを心掛けたため、腹痛は避けることができた。

ペースとしては「5:39」。

これはフルマラソンにおける「サブ4」のペースである。

 

このペースであれば息が切れることもなく、暑さを感じながらも、まだまだ走れそうな感覚だったのは収穫だ。

 

それもそのはず。

6月に入ってからは、計5回もランニングができている。

走行距離としては50キロだ。

 

これだけ走っていると、体が休まる時間がないのだが、体の中で変わったなと感じる部位がある。

それは大腿部の内側、つまり内ももである。

 

内ももの筋肉が発達したのか?

他の部位の贅肉が落ちたのか?

 

恐らく両方なのだろうが、ランナーの特徴でもある大腿部が際立ってきて嬉しい。

梅雨の関係で休憩が適度に取れそうなので、タイムや走行距離にも好影響があるだろう。

下半身の筋肉については、中2日の休憩があると良いという情報があったので、走れなかった場合には、スクワットや背伸びなどの筋トレで補強をしておきたい。

 

これで暑さにも強く、そして体力も強くなり、いつゴルフになってもフルパワーで行けそうだ!

 

 (ゴルフ侍)